SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

1/19 04 Limited Sazabys@Zepp Tokyo セットリスト

f:id:ysugarrrrrrr:20180119155254j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

前日に続いて、お台場での夜。04 Limited SazabysのSquall tour、熱狂と余韻冷めやらぬまま、個人的ツアーファイナルです。

 

ずっと浮き足立っていました。これで終わってしまうという寂しさよりは、これまでを更に超えてくるのかというワクワクに駆られながら、行ってまいりました!

 

こちらにセットリストと感想を残しておきます。

 

名古屋公演に参加される方は以降自己責任でご覧下さい!

 

 

セットリスト

M1. Feel

M2. knife

M3. escape

M4. Warp

M5. swim

M6. medley

M7. Chicken race

M8. days

M9. Now here, No where

M10. happiness

M11. me?

M12. Do it Do it

M13. monolith

M14. capture

M15. fiction

M16. discord

M17. Letter

M18. fog

M19. milk

M20. hello

M21. Horizon

M22. Squall

 

〜アンコール〜

 

EN1. Terminal

EN2. Give me

EN3. Remember

 

感想

初日までで個人的な目標は達成した感があって、

今日はどこに注目しようかなーとか何で今回こんなにフォーリミ追っかけたんだろうなーとかそこまで自分を突き動かす彼らの魅力って一言で表現したら何だ?とか。

 

色々考えて考えて考え過ぎて臨んだライブでした。

 

あれ、なんか振り出しに戻った気がする…

 

Zepp Tokyoに広がる音に対しては感性に委ねて、MCの言葉は頭で拾ってその場で考えた。

 

自分にとってのライブはエネルギーを補充するため、というよりは自分にこれだけエネルギーが有り余ってるのかということを確認する場所だ。

 

自分のためだと確かに限界があるし、自分に対する責任感もハードルも甘くなるな。とか。

 

こうして色々考えていたけど、でもそれは偽りのない自分自身だなと思えたから良かった。いつもの通りだ。

 

ライブハウスはもちろん特別な空間。それゆえに色んな光景が広がっていて絶対に忘れたくない、切り取って心にしまい込みたい瞬間がある。

 

それと同時に最も自然体な自分に出会える場所にもなった。このツアーのおかげです。

 

だからこれから先もっと良い関係を作っていけるんじゃないかと思っています。

 

今回僕を全国各地に連れて行ってくれたロックヒーローは、これからもっともっと輝いていくに違いない。

 

最後の曲の前に、僕らと一緒にカッコ良くなると言ってくれました。

 

その言葉に乗り込む。音に飛び込む。信じた先の未来へ引っ張ってもらうし俺たちが連れて行く。 

 

 

また一緒にライブしましょう。ありがとうございました!!