SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

10/21 My Hair is Bad@Zepp Tokyo セットリスト

f:id:ysugarrrrrrr:20171021123736j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

本日10/21、Zepp Tokyoで行われたMy Hair is Badの「ウルトラホームランツアー」に参戦してきました!

 

実は初日の大阪公演にも参加しまして、それ1本のみの予定だったんですけど、直前になってまさかのリセールで当選しまして急遽行ってきました!

 

ということで今回はそのセットリストを公開します。

 

残す下北沢SHELTERのツアーファイナルに参加される運の良い皆さんはネタバレに注意です!!

セットリスト 

M1. アフターアワー

M2. グッバイ・マイマリー

M3. 革命はいつも

M4. マイハッピーウェディング

M5. 真赤

M6. 接吻とフレンド

M7. 運命

M8. 悪い癖

M9. 彼氏として

M10. 告白

M11. クリサンセマム

M12. 元彼氏として

M13. mendo_931

M14. ディアウェンディ

M15. ワーカーインザダークネス

M16. フロムナウオン

M17. 幻

M18. 戦争を知らない大人たち

M19. ふたり

M20. いつか結婚しても(新曲)

M21. 音楽家になりたくて

 

〜アンコール〜

 

EN1. ドラマみたいだ

EN2. 優しさの行方

 

〜ダブルアンコール〜

 

EEN1. エゴイスト

EEN2. クリサンセマム

 

感想

ツアー2ヶ所目と書きましたけど、もちろん同じライブなんて無いし、 その時その時でやる曲も違えば放つ言葉も響く言葉も違うし、周りの人も違えば当の自分の感情も違う。

 

自分はきっとそういう瞬間瞬間の目撃者になりたくて、瞬間で終わったら嫌だから噛み締めて、思い出して残そうとする。カッコ良かったら自慢もしたくなる。

 

こんな風に根本にある欲望だったり願望を呼び起こしてくれるのがロックバンド。

My Hair is Badの音楽はステージから放たれるんじゃなくて自身の内側から鳴り響いてるように感じました。

 

きっとそういう音楽を、そういう人を時代は求めている。My Hair is Badで全てが繋がっていた空間、忘れずにいようと思います。

 

ライブ直後ぐらいは主観的な言葉で感想を残さなきゃなと思って今回はこんな感じです。

いつもロックバンドの全力を尽くしてくれてありがとうございます。最高の夜でした。