SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

邦ロック好きの大学生が選ぶ2017年9月発売のオススメCD14選

f:id:ysugarrrrrrr:20170903082145j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

今回は2ヶ月ぶりに今月オススメのCDを紹介したいと思います!

 

先月は月初めにブログを書くタイミングがなかったので、、、まぁ先月のオススメCDは正直そこまで多くなかったし、僕も世間もフェスフェスフェスでしたからね(笑)

 

ということでまた毎月こうして書いていきます。

取り急ぎまずは最初の週の9/6リリース分のみ、以降の分はMVが上がり次第随時更新します!

 

(9/18追記、20日リリース分まで新たに5枚追加しました!) 

(9/24追記、27日リリース分を新たに4枚追加しました!)

9/6発売

BIGMAMA 「BESTMAMA」

youtu.be

現体制で10周年、来月には初の日本武道館ワンマンを控えたタイミングでベストアルバムをリリース。

 

上のダイジェスト映像見てると、 BIGMAMAって長いんだなーって改めて思いますね。金井王子は年を経るごとに美しくなってますね(笑)

 

これまでの代表曲に新曲を加えて2枚組で計40曲の大大大ボリューム!

僕はこれまでベストアルバムを買ったことはないんですけど、今回これで初めてデビューするかもしれません。

 

 

SUPER BEAVER 「真ん中のこと」

youtu.be

年明けのシングル以来となる6曲入りミニアルバム。全て新曲ですね。

 

実にビーバーらしいタイトルだと思います。

タイトル通り直球ど真ん中のロックチューン、トレイラーを観る限りだと序盤の曲が勢いあって良い感じですね。

 

レコ発ツアーは主要都市を中心に軒並みソールドアウト。

ツアーが終わった頃にはライブハウスの次のステージが見えてくるのでしょうか、まだまだこれからの活躍が楽しみです。

 

My Hair is Bad 「運命/幻」

youtu.be

およそ1年ぶりのリリースとなる両A面シングル。

 

今作は世間一般のMy Hair is Badといえば!といった感じの恋愛ソングなんですかね。

あまりにも後ろめた過ぎたりすると僕はきっとうーんってなってしまう気がするんですけどどうなんでしょうか(笑)

 

まぁフラゲすると思いますが(笑) 今作の次にも11月にフルアルバムのリリースが決まっているのでそちらも楽しみですね!

 

 

ircle / SIX LOUNGE 「地獄盤」

youtu.be

大分発の2バンド、長きに渡ってライブハウスシーンで存在感を示すircleと、

My Hair is Bad、yonigeに続くTHE NINTH APOLLOの成長株SIX LOUNGEによるスプリットCD。

 

上の映像は2バンドのダイジェスト映像ですが、先行公開されたircleの新曲が完全にピンズドです。めちゃくちゃカッコ良い。

 

僕も含めて夏はフェスばっかりだった!という方には特にオススメ、ライブハウスへと足を運びたくなるような1枚になると思います。

 

WOMCADOLE 「アオキハルへ」

youtu.be

先月は初のROCK IN JAPANにも出演を果たしたWOMCADOLEの4曲入り1stシングル。

 

このタイトル曲がタイトル負けしてなくてとても完成度が高くてカッコ良い。

若々しい衝動感がそのままパッケージされたストレートなロックチューンです。

 

1つ前に紹介したSIX LOUNGEと一緒に今後ロックシーンでどんどん頭角を現していくんじゃないかと思っています。

今後の動向も要チェックなバンドです。 

 

9/13発売

kobore 「アケユク ヨル ニ」

youtu.be

東京府中発、koboreの初の全国流通盤。

今年3月のTHE NINTH APOLLOのイベントに出演していたのを観て印象に残っていたバンドです。あの時はレーベル決まって無かったんですね。

上のMVのようにキラキラした雰囲気と、野心に溢れたギラギラしたものを感じさせられたことを覚えています。

 

メンバーの平均年齢は20歳、駆け出しの新人バンドです。これから長い目で追って行きたいですね。

 

9/20発売

yonige 「girls like girls」

youtu.be

満を持してメジャーデビューとなるyonigeの1stフルアルバム。

 

遅かれ早かれメジャーバンドになるとは思っていましたが、今年の夏フェスの感じとか見ていてもまた更に勢い増してますよね。かなりの期待がかかります。

 

メジャーとか関係なく今まで通りライブバンドでい続けるのか、はたまたメジャーに行ってガラッと変わってしまうのか、まぁ今のところは前者だと思いますけど。

 

このまま勢いに乗り続けて同世代バンドの先陣を走り続けてもらいたい。しっかり手に入れて感想も書きたいと思います!

 

 

ワンルーム

ワンルーム

  • yonige
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ヤバイTシャツ屋さん 「パイナップルせんぱい」 

youtu.be

MVのサムネのインパクトが凄み

 

前作の「ヤバみ」は普通にカッコ良すぎてそれもそれで良いと思ってたんですけど、何コレ、めっちゃウザい。

 

ウェイウェイ大学生のみなさんはレッドブルウォッカ片手にカラオケで流して悪ノリして楽しめば良いと思いますよ(笑) そんなん全然憧れねぇわ。

 

何が言いたいって、これ作った人天才ちゃうかってこと。

 

同じ日にライブ映像も発売されるらしい。アパレル業界の方と駆け出し芸人は必見です。

 

Halo at 四畳半 「Animaplot」

youtu.be

Halo at 四畳半3枚目のミニアルバム。

1stの時から思い続けていることですが、なんと夜空が似合うバンドなんだと。

 

イメージはずっとブレないけど、作品ごと曲ごとに表情も季節感も少しずつ違って毎回聴き入ってしまいますね。

 

今回のリード曲はなんだか秋冬っぽい。これから夜が長くなっていく時期に染み入る1枚になると思います。

 

odol 「視線」

youtu.be

下北沢のUK PROJECTからodolの1stEP。

先月初めて参戦したUKFC on the Roadでも特に注目していたバンドです。

 

現在の6人体制になって初の作品はサウンドも雰囲気も更に深みに入り込んだ感じがしますね。

これまでのバンドの作品とも、流行りのシティポップともまた違う、とてもアーティスティックな1枚ですね。

 

リリース前ですがYouTube等で全曲先行配信されています。是非とも聴き入ってみて下さい。

 

9/27発売

KANA-BOON 「NAMiDA」

youtu.be

2年弱ぶりにリリースされる通算4枚目のフルアルバム。 

 

若手バンドのトップランナーとして向かい風を受け続けてきたKANA-BOONですが、

先行公開された「涙」と「それでも僕らは願っているよ」の2曲を聴いた限り、苦難の時期を乗り越え、文字通り原点回帰をテーマとした前作「Origin」から更にフレッシュに生まれ変わったような感じがします。

 

4ピースギターロックの衝動感に心踊るキャッチーなメロディー、バンドのやりたい音楽とリスナーが求めている音楽がバランス良く合わさっていたら良いなと思います。フルで聴くのが楽しみです!

 

THE ORAL CIGARETTES 「BLACK MEMORY」

youtu.be

通算8枚目のシングル。オーラルもメジャー4年目に入りましたね。

タイトルからもわかるように今年に入ってよりダークな雰囲気をまとうようになった印象が強いですが、今回の表題曲は意外とシンプルな感じがしました。

それでもサウンドはかなりゴリゴリにパワーアップしてますね。ライブでおなじみのキラーチューン祭りに割って入ってきそうです。

 

そして何と言っても映画主題歌ですからね!多くの方々の入り口となりうる攻撃的ナンバーです。 

 

Czecho No Republic × SKY-HI 「タイムトラベリング」 

youtu.be

異色コラボなのか、仲が良いのかはよくわかりませんが、実はリリースが発表された時からかなり期待していました。

 

チェコは最近エレクトリカルに寄っていたのでEDMっぽいサウンドに日高さんのラップが乗ったら面白いかなーなんて思っていましたが、予想を裏切るスピーディーなナンバーに仕上がっていました。

 

ライブでのコラボはCDJなんかで観れないかなーなんて思っています。それと別に砂川さんのラップも観たいですね(笑)

 

おいしくるメロンパン 「indoor」

youtu.be

昨年ロッキンオンのオーディション企画で優勝してから快進撃を続けるおいしくるメロンパン、年明け以来の2ndミニアルバムです。

 

なんでしょう、クセがあるけどクセになりますよね。

程よいヌケ感のあるナカシマさんのボーカルに王道の3ピースサウンドに心地よく揺らされてしまいます。

 

先月のROCK IN JAPANで初めてライブを観て、ますます虜になりつつありますね。

上にあげたリード曲がこの残暑の時期にとてもピッタリなんで是非チェックしてみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今月のオススメは全体的に若手が多いですね。

 

勢いを感じるような作品もあればこれからの秋の季節に映えそうな作品も。

 

夏フェスシーズンもほとんど終わりを迎えるので、是非ともCDを手にとって聴き入る月にしていきたいです!