フェス

「JAPAN JAM 2018」遠征で宿泊する際のオススメのホテル・ゲストハウス15選

この記事では5/4~5/6に開催される「JAPAN JAM 2018」に遠征で参加される方向けに、 オススメの宿、選び方のポイントを紹介していきたいと思います。
首都圏で行われるフェスなので、宿泊場所の確保自体はそこまで苦にはならないと思いますが、
フェスのチケット代、往復の交通費、フェスでのグッズ代、飲食代にプラスして宿泊代。
さらにいかんせん開催期間がGWの大型連休なので、いかに宿泊代に負担をかけないかが重要です。
 

目次

「JAPAN JAM 2018」遠征の宿泊場所の選び方

「JAPAN JAM」が開催される千葉市蘇我スポーツ公園は、JR京葉線の終点、千葉駅から2駅隣にあるJR蘇我駅が最寄りです。
千葉市の中心部に程近いのと、東京駅まで乗り換えなしで40分ほどで移動が出来るので、宿泊場所の数にはそう困ることはないと思います。
宿泊場所は、会場〜東京駅近辺の沿線がオススメです。

 「JAPAN JAM 2018」期間はGW中なので宿代が高い

冒頭でも書きましたが、宿泊できる場所の数は多いものの、「JAPAN JAM」が開催されるのはGWの期間中。
なので休日祝日を挟むため宿代は通常価格と比べてかなり高いです。
では少しでも宿泊費を抑えるためにはどのような宿を選ぶのが良いのでしょうか。

オススメは会場近辺のビジネスホテルor東京都心のカプセルホテル・ゲストハウス

僕が考える「JAPAN JAM」の宿泊場所でオススメなのは以下の2パターン。
1つは「会場近辺のビジネスホテル」
もう1つは「東京都心のカプセルホテル・ゲストハウス」に泊まることです。

2日〜3日通しで参加の方は会場近辺で連泊するべき

「JAPAN JAM」を2日ないし3日通しで参加される方は会場近辺のビジネスホテルに宿泊することをオススメします。
連休期間なので多少値は上がりますが、都心のビジネスホテルに比べたら大分リーズナブルだと思います。
数日間フェスに参加していると体力面の不安もあるかと思いますし、
フェス中の荷物管理、持ち運びもとても楽になります。

コスパ優先ならカプセルホテルかゲストハウス

宿泊費を抑えたい方はカプセルホテルやゲストハウスがオススメ。
カプセルホテルとゲストハウスはシャワーや洗面所、トイレ等、寝る場所以外の場所が基本的に共用スペースとなります。
ただフェスが終わるのも夜の21時頃だし、翌日の朝もそんなにのんびりは出来ないかと思うので、寝て身体を休めるだけと割り切れば思い切ってコスパを優先しても十分です。
特に会場からのアクセスが良い東京駅近辺には女性も泊まれる安くてキレイなゲストハウスが多くあります。
会場までの往復の交通費を考えても、会場近辺の宿を取るより東京まで出た方が安いです。

都心の安宿は「VIVA LA ROCK」と「JAPAN JAM」をはしごする方にもオススメ

都心のコスパ宿を選ぶもう1つの理由をあげるとすると、
「JAPAN JAM」とほぼ同期間に開催される「VIVA LA ROCK」とをはしごする方にオススメだということ。
どちらも東京駅から1本で会場に行けるので、拠点を構えるには最適な場所になります。

僕が選んだ「JAPAN JAM 2018」遠征時オススメの宿泊場所

以上を踏まえた上で、オススメの宿泊場所を紹介したいと思います。
・宿泊料金の目安は1人1泊3,000円〜7,000円程度(変動する場合もあり)
・会場近辺と東京都心の2つに分けて紹介していきます。
・カプセルホテルやゲストハウスは男性のみか男女共用かを明記します。

会場近辺

東横イン千葉駅前 : 千葉駅(会場から2駅)徒歩5分 5,000~6,000円

パークサイドホテル : 千葉駅徒歩7分 5,000~6,000円

東横イン千葉みなと駅前 : 千葉みなと駅(会場から1駅)徒歩30秒 7,000~8,000円

東横イン千葉駅東口 : 千葉駅徒歩3分 7,000~8,000円

ビジネスホテル マリーン : 稲毛海岸駅(会場から2駅)徒歩2分 5,000~6,000円

ヴェルシオーネ若潮 : 稲毛海岸駅徒歩4分 5,000~6,000円

五井パークホテル : 五井駅(会場から3駅)徒歩4分 5,000~6,000円

東京都心

&AND HOSTEL KANDA : 新日本橋駅(東京駅の1つ手前)徒歩5分 3,000~4,000円 男女共用

IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen : 馬喰町駅(東京駅の2つ手前)徒歩3分 3,000~4,000円 男女共用

東京日本橋BAY HOTEL : 東京駅徒歩7分 3,000~5,000円 男女共用

WISE OWL HOSTELS TOKYO : 八丁堀駅(東京駅の1つ手前)徒歩30秒 4,000~5,000円 男女共用

ナインアワーズウーマン神田 : 神田駅(東京駅から1駅)徒歩1分 3,000~5,000円 女性専用

MOA HOSTEL : 神田駅徒歩7分 3,000~4,000円 男性専用

&AND HOSTEL AKIHABARA : 秋葉原駅徒歩5分 3,000~4,000円 女性専用

豪華カプセルホテル 安心お宿秋葉原電気街 : 秋葉原駅徒歩3分 4,000~5,000円 男性専用

まとめ:会場近辺か都心の2択。カプセルホテルやゲストハウスもオススメ

いかがだったでしょうか?
最後に改めてJAPAN JAMの遠征で宿泊する際のポイントをまとめます。
・宿泊場所は会場近辺or東京駅近辺
・GWの開催なので、特に料金には注意
・個人的には都心のカプセルホテルやゲストハウスがオススメ
・VIVA LA ROCKとはしごする方は都心に拠点を構えるべき
日にちが近づけば近づくほど宿の確保は困難になり。料金も日が迫るにつれて上がっていくので、遠征を決めた方は早めに予約をするようにしましょう。
JAPAN JAMのイベント自体もこちらの記事でまとめているので是非参考にしていただければと思います。
JAPAN JAMとVIVA LA ROCKを徹底比較。GWはフェスへ行こう! – SUGAROCK-FESTIVAL