SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

KANA-BOONシングルB面集「KBB vol.1」発売に寄せて、彼らのB面曲の魅力を紹介する

f:id:ysugarrrrrrr:20180316190705p:plain

今年でメジャーデビュー5周年を迎えるKANA-BOONがシングルB面集「KBB vol.1」をリリースしました。

   

 

KANA-BOONといえば、若くしていきなり登場し、あれよあれよという間に若手バンドの先頭に立ち、1つのシーンを作ったバンドだと思っています。

 

最近のライブやフェスの「参加者主体の体験型エンターテインメント」色を一気に強めたのはKANA-BOONの功績と言っても過言ではありません。

 

 

そしてなんと言っても、僕をライブ中毒にさせた張本人でもあります。

 

ライブハウスやフェス会場でゆらゆらゆらゆらフルドライブさせられた成れの果てが今の僕です(笑)

 

爆発的に盛り上がる鉄板曲を持っているKANA-BOONなんですが、B面曲がすんごく良い。

 

 

いつか話したいと思っていたタイミングでB面集のアルバムが出たんで、今回はKANA-BOONのB面曲の魅力を少しお話したいと思います。

 

「KBB vol.1」収録曲

M1. 「スパイラル」 

→7th Single「ダイバー」収録

M2. 「PUZZLE」 

→8th Single「talking」収録

M3. 「バカ」 

→5th Single「シルエット」収録

M4. 「ハッピーエンド」

→1st Single「盛者必衰の理、お断り」収録

M5. 「スーパームーン」 

→11th Single「Fighter」収録

M6. 「夜のマーチ」 

→3rd Single「フルドライブ」収録

M7. 「LOSER」 

→10th Single「Wake up」収録

M8. 「アナートマン」 

→12th Single「バトンロード」収録

M9. 「I don't care」 

→9th Single「ランアンドラン」収録

M10. 「ロックンロールスター」 

→4th Single「生きてゆく」収録

M11. 「桜の詩」 

→2nd Single「結晶星」収録

M12. 「タイムトリッパー」 

→6th Single「なんでもねだり」収録

M13. 「Flame」 

→新曲

M14. 「さくらのうた (acostic version)」 

→ミニアルバム「僕がCDを出したら」収録 

 

これまでのシングル12枚からカップリングを1曲ずつに加えて新曲「Flame」とインディーズ期の「さくらのうた」のアコースティックverを含めた全14曲入り。

 

その中でもオススメのB面曲をいくつかピックアップしてみました。

 

「KBB vol.1」収録のオススメはこの4曲

シングルになる曲はやっぱりメッセージが真っ直ぐだったり前向きな曲です。アニメや映画の主題歌になっている曲も多いですよね。

 

ただ一方でB面曲は内容がひねくれてたり、バッサリ時代を風刺していたり、はたまたセンチメンタル系だったり。

 

正直な話シングル曲より全然良いなーと思っています(笑)

 

今回の「KBB vol.1」の収録曲の中で、個人的に特に好きなのがこの4曲です。

 

曲調だけでなく歌い方まで攻撃的な「バカ」

バカ

バカ

  • KANA-BOON
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

まずはバンドの代表曲の1つ「シルエット」のカップリング曲「バカ」

 

ボーカル鮪さんの歌は中性的で優しいイメージがありますが、この曲はだいぶ荒ぶってます。まぐぽよ激おこプンプン丸。

 

他の曲でもこんぐらい感情むき出しで歌っても良いのになーと思ったりします(笑)

 

アイデンティティは他者を笑うことで生まれる

 

歌詞も曲調も攻撃的なので、ワンマンライブでもかなり盛り上がった記憶がありますね。

  

シーンの変わり目で自らの劣等感を叫んだ「LOSER」

LOSER

LOSER

  • KANA-BOON
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2016年秋のシングル「Wake up」のカップリング曲「LOSER」

 

言い方に語弊があるかもしれませんが、シーンが変わり目を迎えてKANA-BOONの勢いが少し下火になってきたなーという時期の曲ですね。

 

そんな時に客観的に見たバンドのポジションを自ら歌った曲だと思います。

 

泣いてすがっても下がってくランク

勝敗ない商売

とは言え分かれる明暗に

不安不安不安不安不安不安不安

 

負け犬の遠吠えの如く、劣等感をたぎらせてエネルギーに変える。

順風満帆だったバンドの反骨精神=ロックな部分がはっきり見えた曲です。

 

A面とは裏腹にたっぷりの皮肉を詰め込んだ「アナートマン」

アナートマン

アナートマン

  • KANA-BOON
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2017年のシングル「バトンロード」のカップリング曲「アナートマン」

アニメの主題歌にもなった王道ロックチューンとは裏腹に、鮪さんのまさにB面が爆発してる曲。

 

Aメロがとにかくひん曲がった思想のオンパレードというか、それを矢継ぎ早にキャッチーに投げつける曲調がクセになります。

 

そして1サビ前の最後の詞

 

人の為と書いて偽と読むそうだ

皮肉なもんだな

 

 KANA-BOONの歌詞の中で1番好きかも(笑)

 

綺麗で切ない情景が舞う春の名曲「桜の詩」

「桜の詩」MV

youtu.be

最後は2ndシングル「結晶星」のカップリング「桜の詩」

 

この記事を書いているのは3/16ですが、まさにこれからの時期にピッタリの桜ソング。

 

KANA-BOONの曲の中でも屈指の綺麗なメロディーと詞が胸に染み渡ります。

 

そしてこの曲は「KBB vol.1」の最後にアコースティックverで再録されている「さくらのうた」のアンサーソングでもあります。

 

「さくらのうた」MV 

youtu.be

 

「さくらのうた」が男性目線で前向きな王道ロック。

「桜の詩」が女性目線で後ろ向きなミドルテンポナンバー。

 

1つの別れを別アングルから切り取った2曲です。

 

これは果たしてフィクションなのかノンフィクションなのか。。。

  

まさにバンドの裏側を見た気になる

いかがだったでしょうか。

 

皆さん特に好きなバンドであればどのバンドでも、

「あのシングルのカップリングが良いんだよー!」

って思うことがあるんじゃないかと思います。

 

僕がKANA-BOONのB面曲を気に入っているのは、表題曲のメッセージと比べてまさしく「裏側」、つまりバンドのB面が垣間見えるから。

 

今回オススメした曲は有名曲よりはるかに人間味溢れていて良い曲なので、もっと日の目を見て欲しいなと思いました。

 

そしてこれはあくまで「vol.1」ということなので、これは次作があると期待して良いでしょう(笑)

 

ということで最後に「KBB vol.1」に収録されなかったオススメB面曲をまとめておきますね。 

日は落ち、また繰り返す

日は落ち、また繰り返す

  • KANA-BOON
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ワカラズヤ

ワカラズヤ

  • KANA-BOON
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

街色

街色

  • KANA-BOON
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 「KBB vol.1」を含むKANA-BOONの楽曲は定額配信サービスでも聴くことが出来ます!

 

KANA-BOON「KBB vol.1」をApple Musicで聴く