SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックが好きな大学生がロックバンドの成長を後押しするためブログで色々と発信中。

[ライブレポート] 8/19 WILD BUNCH FEST 2017 1日目

f:id:ysugarrrrrrr:20170821194135j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

 

週末の遠征から東京に戻って来ました。長時間動き回ったことによる体の痛みと強い日差しでかなり焼けてしまった肌としばらく付き合うことになりそうです(笑)

 

今回は8/19に参加して来た山口県の大型フェス、WILD BUNCH FEST 2017の1日目の模様をライブレポートとしてまとめました。

 

ライブレポート

このフェスで初めて山口県に足を踏み入れました。音楽の力で馴染みのない土地に行くことが出来るのは単純に嬉しいです。

前日は広島で一泊し、翌朝満員の新幹線に揺られ、さらにバスに揺られてこの海辺の会場に到着しました。

f:id:ysugarrrrrrr:20170822092823j:plain

地方フェスではありますが、会場もとても綺麗で、装飾や演出も普段よく行くような大型フェスと遜色なくて毎年この日のために相当な気合いを入れているんだなーということが伝わって来ました。

 

f:id:ysugarrrrrrr:20170822093004j:plain

この海上に設置されたステージではこの日ゆずがライブを行いました。

僕は観ることは出来なかったのですが、お二人が水上スキーを乗り回したりとこのステージでしか出来ないスゴイライブだったようです。

 

f:id:ysugarrrrrrr:20170822093050j:plain

初めて参加したフェスだったので本当は会場内をくまなく回って色んなステージを見たいと思っていたのですが、結局ほとんどの時間をこのメインステージで過ごしました。

正直、この日のタイムテーブル的にここから逃れる隙が全くといってありませんでした(笑) とても豪華なラインナップでしたね。

 

ということで、ここからはライブアクトの感想をつらつらと書いていきます!

 

11:00~ My Hair is Bad (Bandits Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822072518j:plain

セットリスト

M1. アフターアワー

M2. 接吻とフレンド

M3. 真赤

M4. 告白

M5. 元彼氏として

M6. フロムナウオン

M7. 音楽家になりたくて

 

昨年の出演からメインステージにジャンプアップしたことに関して、

「ここに立っているのは人気があるからじゃなくて俺たちが本物のロックバンドだからだ!」

と言ってみせたことに何一つ間違いはない。

商業的とかメンヘラとかそんなことをとやかく言われようが、ライブでのリアルな姿の前にそんなネットの言葉は無力なのです。

 

山口の地で東京が舞台の「真赤」を聴いて、My Hair is Badは全国あらゆるステージに立ち、その瞬間瞬間ごとに1番輝いている今を更新していくバンドだということを改めて感じさせられました。

 

そして最後は「音楽家になりたくて」を披露し、また次の街へと颯爽と去っていく。

こうして全国各地に熱を生み出していくのが本物のロックバンドです。

 

真赤

真赤

  • My Hair is Bad
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

12:30~ HEY-SMITH (Bandits Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822072725j:plain

セットリスト

M1. Living In My Skin

M2. 2nd Youth

M3. Dandadan

M4. Don't Worry My Friend

M5. Endless Sorrow

M6. Radio

M7. Let It Punk

M8. The First Love Song

M9. We sing our song

M10. True Yourself

M11. Goodbye To Say Hello

 

 

晴天で灼熱の野外フェス、その真っ昼間に次々と爆音スカパンクを叩き込んだ初登場のHEY-SMITH。

「1番暑い時間にこんなバンドがステージに立つってワイルドバンチ頭オカシイんちゃうか?」

という猪狩さんの一言はフェスに対する最高の褒め言葉でしたね。

 

「こういうフェスは音楽の幅を広げるには最高、その中でもジャンルじゃなくて、バンドがやってる音楽が1番カッコ良いと思ってます!」

というMCから披露された終盤の「True Yourself」と「Goodbye To Say Hello」は特に圧巻でした。

 

各地で大型フェスが行われているこの時代だからこそHEY-SMITHのような音楽がジャンルの幅を越えてオーディエンスを巻き込んでいって欲しいと思いました。

 

Goodbye To Say Hello

Goodbye To Say Hello

  • HEY-SMITH
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

13:20~ BLUE ENCOUNT (Pirates Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822083354j:plain

セットリスト

M1. Survivor

M2. DAY×DAY

M3. SUMMER DIVE

M4. THANKS

M5. LAST HERO

M6. ANSWER

M7. もっと光を 

 

フロア一体型の完全フェス仕様の新曲「SUMMER DIVE」を提げて、2013年のオープニングアクトから出演しているワイルドバンチに飛び込んだBLUE ENCOUNT。

 

「俺たちは色んな音楽やるし、みんなが嫌いって感じる音楽だってやるかもしれないけど、その先にスゴイ景色用意してるから!」

とこれからも様々な可能性に挑戦して変わり続けるブルエンの姿を感じ、

 

「やっぱり根底にあるのは歌ってる時に観てくれる人が笑っているのが見れる。それがバンドやってる答え」

と「ANSWER」を披露した姿からはこれまでと変わらないブルエンらしさも感じることが出来ました。

 

この両面があるからこそステージとフロアは良い関係をともに作りあげることが出来るんですよね。

 

ANSWER

ANSWER

  • BLUE ENCOUNT
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

14:10~ 04 Limited Sazabys (Bandits Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822083445j:plain

セットリスト

M1. Warp

M2. drops

M3. Chicken race

M4. monolith

M5. fiction

M6. climb

M7. midnight cruising

M8. Squall

M9. swim 

 

「今日は戦友と言えるバンドばっかりなので、その仲間たちにもカッコ良い姿を見せたい」

と、同世代の人気バンドがずらっと揃ったラインナップに刺激を受けたフォーリミのライブはこの日も攻撃的で熱狂的な瞬間の連続でした。

 

「いつも考えて考えて考え過ぎてるだろうから今日くらいは頭からっぽにして感じて」

と、披露された新曲「Squall」は曲名とは真逆の太陽が照りつけるロケーションにもピッタリ。

多くのお客さんの悩みや不安を洗い流していったのではないでしょうか。

 

ライブやフェスの空間はいつだって輝いて見える。イヤホン越しの音では満足出来ずにここまで生の音を浴びに来たのは間違ってなかったと思いました。

 

swim

swim

  • 04 Limited Sazabys
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

15:00~ KEYTALK (Pirates Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822083531j:plain

セットリスト

M1. MATSURI BAYASHI

M2. sympathy

M3. 黄昏シンフォニー

M4. セツナユメミシ

M5. Summer Venus

M6. YURAMEKI SUMMER

M7. MONSTER DANCE

 

夏ソングに祭りソング、ここ数年の夏フェスを盛り上げ続けてきた必殺チューンに、ノリよりも歌を押し出した最新のKEYTALKモードを織り交ぜたセットリスト。

やはり変わる部分と変わらない部分の両面があるライブは見ごたえがありました。

 

来月の横浜アリーナワンマンライブを前にリリースされる新曲「セツナユメミシ」はKEYTALKらしい和でキャッチーなメロディーに、洗練さを増していくツインボーカルがとても綺麗な曲でまたこのバンドの株がまた上がってしまいました(笑)

 

MCではおなじみのペーいコールを各地方から来た人で分けて行い、このフェスが西日本だけではなく全国的にお客さんを惹き込むフェスだということも感じることが出来ました。

 

YURAMEKI SUMMER

YURAMEKI SUMMER

  • KEYTALK
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

15:50~ THE ORAL CIGARETTES (Bandits Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822083615j:plain

セットリスト

M1. Shala La

M2. 気づけよBaby

M3. DIP-BAP

M4. BLACK MEMORY

M5. カンタンナコト

M6. 狂乱 Hey Kids!!

M7. トナリアウ 

 

6月の武道館ワンマン以来に観ました。

オーラルはこれまでフェスで勝ち抜くことかなり意識してきたバンドだと思っていて、その競争から抜け出した今年はアルバムのリリース、そして武道館とオリジナリティを追求している状態。今までよりもダークで艶やかな曲が多くてフェスでは映えないんじゃないかなー

 

とか色々考えながらステージを観ていたんですけど、結局のところ「カッコ良いかカッコ悪いか」の2択でしかないってことを拓也さんのMCで気づかされました。

そして披露された「カンタンナコト」「狂乱 Hey Kids!!」のフロアの求心力は相変わらずすごかったし、新曲「BLACK MEMORY」も予想と違ってゴリゴリなロックチューンでカッコ良かったです。

 

カッコ良いかカッコ悪いかは押し付けるものではなくてその人それぞれの判断で決めればいい。オーラルもその覚悟と自信を持ってより頼もしいバンドになるんだろうなと思いました。

 

カンタンナコト

カンタンナコト

  • THE ORAL CIGARETTES
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

16:40~ Dragon Ash (Pirates Stage)

セットリスト

M1. Mix it Up

M2. Headbang

M3. The Live

M4. Ode to Joy

M5. Jump

M6. Fantasista 

 

 

HEY-SMITHの猪狩さんに触発されたというKjさんは「バンドマンって生き方が宇宙一カッコ良いと思ってる」と語り、さらに

「ここにいる全員に平等に今日を楽しむ権利がある。ガキの頃に戻ってキラキラの顔で帰ってください」

という言葉には日本のロックフェスの創成期を知っているバンドだからこその深みがあり、今後も決して変わることのない普遍的なメッセージとして響きました。

 

若手のバンドが数多く出演したこの日のメインステージだったからこそ存在感を放っていましたね。

ROCK IN JAPANで観た時と同様に新曲中心のセットリストでしたが、その中で最後に披露された「Fantasista」にはこれまで数多くのフェスに熱狂を巻き起こした歴史が詰まっているように感じました。

まだまだロックフェスにおける今のDragon Ashの立ち位置は揺らいで欲しくありません。

 

Headbang

Headbang

  • Dragon Ash
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

17:30~ [Alexandros] (Bandits Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822083727j:plain

セットリスト

M1. Burger Queen

M2. ワタリドリ

M3. Girl A

M4. Kaiju

M5. Kick&Spin

M6. Adventure

M7. 新曲

 

どのフェスにおいてもメインステージの遅い時間帯というのがすっかり定着した[Alexandros]。

今回のライブで興味深かったのは「Girl A」以外は全て洋平さんがハンドマイクで歌う曲だったということ。

大型フェスならではの巨大ビジョンとカメラワークを知り尽くした「魅せる」パフォーマンスに加えて、これまで以上に遠くに歌を届けようという姿勢を感じました。

 

 

ガッツリ盛り上がるような曲は少なかったけど、視覚的な盛り上がり以外に野外フェスならではの広大な空間を使って出来ることを求めているのかなと思うと腑に落ちたライブでした。

 

最後に披露された新曲はまた新機軸のサウンドに挑戦しながらも[Alexandros]らしいギラついたものを感じられる曲。

多くのリスナーに届く機会が出来ればライブでも化けると思います。

 

Kick&Spin

Kick&Spin

  • [Alexandros]
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

18:20~ SiM (Pirates Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822083833j:plain

セットリスト

M1. Blah Blah Blah

M2. Amy

M3. TxHxC

M4. CROWS

M5. Life Is Beautiful

M6. Faster Than The Clock

M7. GUNSHOTS

M8. KiLLiNG ME

M9. f.a.i.t.h 

 

昨年はヘッドライナーを務めたSiMが今年はトリ前に登場。

「今日これまで何度も楽しかった瞬間があったと思うけど全て忘れろ!今日の感想はSiM最高!!以上!」

という出だしのMAHさんの言葉通りにワイルドバンチを一瞬にしてSiM色に染め上げてみせた圧巻のライブでした。

 

とは言いつつも「やっぱりゆーずさんが観たかった...」と時間が被ったゆずのライブを惜しんでいましたね(笑) ゴリさんは以前ゆずのコピバンをしていたそうです。

 

ただそれもほんの一瞬のこと、後半はステージ後方の大きなテントの周りに巨大なサークルが出来た「Faster Than The Clock」に、ラストの「f.a.i.t.h」では

「私は手を広げただけ」で座ってライブを観る人もいるステージ後方までウォールオブデスが出来上がっていました。

 

この2曲はお客さんの民族大移動が起こっていて本当にスゴかった。1度ハマった抜け出せないアリ地獄に飲み込んでいくパワー、桁の違いを見せつけられました。

 

Faster Than The Clock

Faster Than The Clock

  • SiM
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

19:15~ サカナクション (Bandits Stage)

f:id:ysugarrrrrrr:20170822084013j:plain

セットリスト

M1. 新宝島

M2. アルクアラウンド

M3. 三日月サンセット

M4. SORATO

M5. ミュージック

M6. アイデンティティ

M7. 多分、風。

M8. 目が明く藍色 

 

初出演にして大トリ、と言ってもサカナクションに関してはそれで当たり前だと思ってしまう。

それだけ枠から大きく飛び出てなおかつ夜に観たいバンドだということですね。

 

ステージの後ろにそびえるドームにレーザー光線で映し出された「新宝島」から、アンコールの時間も本編に使ってノンストップで続いたダンス空間。

MCらしいMCも無く、休む間もなくダンスタイムは続くのに疲れも感じないし飽きもこない。

それは、オーディエンス1人ひとりそれぞれのペースに委ねているからであり、こちら側も自分のペースでありながら確かに踊っている実感があるからだと思いました。

 

そんな体験を与えてくれたサカナクションの音楽に対しての感謝の形として、最後の「目が明く藍色」では至る所でスマートフォンの光が揺れていました。

 

新宝島

新宝島

  • サカナクション
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

まとめ

という感じで、僕の初めてのワイルドバンチは最後までずっとメインステージで過ごした1日となりました。

 

タイムテーブルを見て頂いても僕が観たバンドのラインナップを見て頂いても、メインから離れる隙がなかったということが分かるのではないでしょうか(笑)

 

フォーリミ、ブルエン、オーラルのONAKAMA3バンドやKEYTALKといった僕がフェスに行くようになってからメキメキと成長していったバンドや、

当時からメインステージで躍動していた[Alexandros]やサカナクションなど、

ここ最近の人気バンドがまさに揃い踏みという感じでした。

それぞれフェスという括りから独自の道に進んでいる様子がセットリストからもMCからも沢山伝わってきてとても感慨深かったですね。

 

ってなんでそんな上から目線やねんって話ですよね(笑)

とにかくめちゃくちゃ豪華な体験が出来ました。

 

毎年この期間はモンバスやサマソニといった他の大型フェスと重なっているため、毎年戻ってこれる保証は残念ながらありませんが、ロケーションも素晴らしかったしまた絶対戻ってきたいと思います!