SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

開催直前!YON FES 2018の出演バンド予習&フェスの魅力を語る

f:id:ysugarrrrrrr:20180402190942j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

 

4月に入りまして、いよいよ開催を目前に控えた04 Limited Sazabys主催「YON FES 2018」について今回は書いた次第でございます。

 

ありがたいことに、昨年に続いて今年も僕は2日間フェスに参加予定です。

 

 

開催1週間前に当日のタイムテーブルも発表されまして、ご覧になった方も多いかと思いますが、

この記事では改めて出演アーティストのおさらいをして、

 

その後でYON FES及び主催の04 Limited Sazabysの魅力を書きました。

 

YON FES 2018 予習プレイリスト(1日目)

YON FES 2018 予習プレイリスト(2日目)

 

 

勝手にYouTubeで予習プレイリストも作ったので是非参考にして頂ければと思います。

 

YON FES 2018 出演アーティスト

アーティスト名をクリック(タップ)するとYouTubeの予習用プレイリストが見れるようになっています。

初めて観るバンドはぜひチェックを!

4/7 (1日目)

SKY STAGE 

出演順 

go!go!vanillas

SHANK

キュウソネコカミ

ORANGE RANGE

THE ORAL CIGARETTES

04 Limited Sazabys

 

 

LAND STAGE

出演順

Dizzy Sunfist

SIX LOUNGE

teto

yonige

四星球

 

 

4/8 (2日目)

SKY STAGE

出演順

フレデリック

Crossfaith

My Hair is Bad

マキシマム ザ ホルモン

HEY-SMITH

04 Limited Sazabys

 

 

LAND STAGE

出演順

DATS

フレンズ

COUNTRY YARD

BiSH

ENTH

 

僕が思うYON FESの魅力

世代もジャンルも幅広いラインナップ

2016年の初開催から3回目のYON FESですが、過去2回同様、ジャンルの壁を超えて幅広いタイプのライブバンドが集まりましたね。

 

 

ほぼ同世代で作り上げた1年目、同世代メインに各日に大物の先輩バンドが出演した2年目を経て、

 

3年目の今年は、同世代が中心ながら、上の世代下の世代どちらにも幅を利かせている。

 

04 Limited Sazabysの世代のバンドがロックシーンに大きい影響を与えるようになったということを実感出来るラインナップだと感じました。

 

 

個人的に注目しているのは2日目の序盤の流れ。

 

LAND STAGEのトップバッターのDATS、2番手のフレンズというお洒落系バンドの間に、ワールドクラスのゴリゴリラウドのCrossfaithがブチ込まれているという(笑)

 

こんな流れを体感出来るのも、ジャンルを超えて交流のあるフォーリミ主催のイベントならではだなーと思いました。

 

 

体力面だったり食事があったりで積極的にオススメはしませんが、物理的には全てのライブを観ることが出来るので、

興味本位でも良いので数多くのライブをステージ近くで体感して頂きたいです。

 

ジャンルを超えて繋がる決め手は「人」 

開催に先立って、04 Limited SazabysのフロントマンGENさんとYON FES皆勤賞のキュウソネコカミのセイヤさんのインタビュー記事が公開されたのですが、この内容がとても良かったです。

 

「YON FES 2018」特集|GEN(04 Limited Sazabys) × ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)バンドをつなぐ“俺たちのフェス” (1/3) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

 

 

先述したYON FESの出演アーティストや、フォーリミのライブの対バン相手を見ると、やっぱり音楽のジャンルが多種多様で、まるで異種格闘技だなーなんて思うことがよくあります。

 

なんで色んなジャンルを混ぜようとするのか。

 

このインタビュー記事を読んで、彼らは「人」の部分で交わりたいバンドを選んでいるんだなと感じました。

 

根にあるバンドマン精神というか、ロック、パンクな部分を持ってバンドをやっているのか。

鳴らす音は違えど、鳴らす人の感情、価値観の部分で繋がりたいのだと思いました。

 

 

いつメンの馴れ合いではなくて、 呼んだバンド同士がYON FESを機に仲良くなるとか、普段馴染みのないバンドのライブを観てもらうとか。

 

交わらなさそうな部分を上手く混ぜることで、その根幹にある人の部分で繋がる。

そういう体験を僕らにも出演バンドにも与えてくれるのがこのフェス、及び04 Limited Sazabysの大きな魅力だと改めて感じましたね。

 

 

実際僕もフォーリミのおかげで、男勝りで激しくて怖いイメージがあったメロコア、パンクロックの魅力に気づけたし、

そこからまた別のジャンルのカッコ良い音楽も知ることが出来ました。

  

 

枠に捉われずに人の部分で繋がること。

直接誰かの顔が見えない場所でこうして活動している自分にとって、大事にしなきゃいけない考え方ですね。

 

 

 

最後は私情が過ぎましたが(笑)、本当にカッコ良い音と言葉と価値観を持っている04 Limited Sazabysが主催するYON FES 2018、最高の2日間になることは間違いないので、

誰よりも楽しむと共に、現地の模様も出来るだけ魅力的に伝えていきたいと思います!

 

 

〜関連記事もどうぞ〜

[ライブレポート] 4/1 YON FES 2017 1日目 - SUGAROCK-FESTIVAL

[ライブレポート] 4/2 YON FES 2017 2日目 - SUGAROCK-FESTIVAL

04 Limited Sazabysと書いて「My HERO」と読む - SUGAROCK-FESTIVAL