SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

12/5 THE ORAL CIGARETTES@新木場STUDIO COAST セットリスト

f:id:ysugarrrrrrr:20171204221057j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

2017年12月5日、新木場STUDIO COASTで行われたTHE ORAL CIGARETTESのワンマンライブを観て来ました。

 

武道館ワンマン後1発目のシングル「BLACK MEMORY」を提げたDiver In the BLACK Tourのツアーファイナル。東京2デイズの1日目。

 

久々のオーラルでした。今回はそのセットリストを公開します。

 

2日目に参加される方のみ以降ネタバレ注意でご覧下さい!

 

セットリスト

M1. ONE'S AGAIN

M2. カンタンナコト

M3. DIP-BAP

M4. Uh...Man

M5. STARGET

M6. 接触

M7. ミステイル

M8. マナーモード

M9. Flower

M10. 気づけよBaby

M11. エンドロール

M12. トナリアウ

M13. Shala La

M14. GET BACK

M15. See the lights

M16. 5150

M17. CATCH ME

M18. 狂乱Hey Kids!!

M19. BLACK MEMORY

 

〜アンコール〜

 

EN1. 新曲

 

 

感想

 

「Diver In the BLACK」

 

黒に溶け込んでいく、飛び込んでいく

 

日本武道館で「ダークサイドでてっぺん取る」と宣言した彼らにとってこの上ないタイトルだと思いました。

 

THE ORAL CIGARETTESの音楽の根源には「黒」がビッシリとこびりついている。

 

黒から連想するのは負の感情、人間の汚れた部分、傷、闇、見せたくないモノ

 

誰だって当たり前のように持ってる。

持ってないという人はまだ本当の自分に気づいていないか、気づこうとしていない、逃れようとしているかだ。

 

逃げた先はもっと暗い。もがいてもがいてもっと漆黒に染まる。

 

めくれ上がった化けの皮の裏側には自分でもコントロール出来ない。

 

心の裏には黒が潜んでる。

 

 

 


だから面(おもて)は白い。おもしろい。

 


裏側に回った自分を受け入れられるか否か、ここに分岐点がある。光差す出口が見える。

 

それからはまた闇に潜ってもそれを上手く乗りこなすことが出来るだろう。

 

それが今のオーラルなのかなと思った。

 

表しかない物事なんて楽しくないし、楽しむだけがライブじゃない。

 

こうしたメッセージを主としてカップリング曲で伝えていくのが凄かった。

 

カップリング、B面、白黒で例えれば黒、表裏で言えば裏。なるほどなと。

 

でもこの裏側からのメッセージで多くの人を振り向かせるために、楽しませるライブでも勝ち抜いてきた。

 

表と裏、白と黒に飲み込まれながらも行き来して、ここまでバンドは地続きで続いていた。

 

その記憶を結実させたのが「BLACK MEMORY」

 

ダークサイドを乗りこなした唯一無二のロック体験でした。

 

 

そしてアンコール、まだ内容は現場にいた人だけのものにして欲しいということなので詳しくは書かないが、

オーラルはやっぱり「面白い」ロックバンドだ。

 

漆黒の記憶を経て見せた誠実さはきっとより多くの人を笑顔にさせる。

 

 

これからも彼らの音楽で心から笑えるように、時折ダークサイドに身を投じて0から自分と向き合ってみるのも大切だと思いました。