SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

Youtubeや配信サービスよりCDで音楽を聴くべき3つの理由

 

どうも、ようやくSpotifyの招待コードが届いたSugar(@ysugarrrrrrr)です。

 

世界最大級の定額音楽配信サービスが日本上陸ということで

昨夜はSpotifyのアプリで色々と試してみました。

 

が、どうしても満足できない!

 

僕にはやはりCD音源をiPodに入れて持ち歩く従来の聴き方が1番合っています。

 

初めてCD買ってiPodで聴いたのが2006年の今頃なので

10年以上同じように音楽を聴いてることになります。

 

今回はそんな僕がCDにこだわるべき理由をお話していきます。

 

 

作品単位で曲を聴きたいから

 

1番の理由はこれに尽きます。

 

バンドマンもとい全てのアーティストは、良い曲を1曲1曲作るっていうのはともかく、

いくつかの曲を組み合わせてアルバムという「作品」を作ることが大きな目的の1つにあります。

 

数々の候補の中から10曲程度を選ぶプロセスがあり、

そして曲順にも強いこだわりとメッセージが込められているんです。

 

今はインターネット上で「1曲単位」で曲を聴く機会が増えているように感じます。

 

ただ僕はアルバムという1つの「作品単位」で曲を聴くことで、作り手側の想いを汲み取りたいと思っています。

 

ものによってはアルバムの中の一部の曲しか聴けないサービスもありますからねー

 

インディーズの作品が豊富だから

 

これは僕みたいなロックバンドが好きな方にとっては重要な要素ですね。

 

Spotifyをはじめとした定額音楽サービスは確かに圧倒的な曲数を有しているものの、

そのほとんどがメジャーレーベルの作品でインディーズの曲はあまりありません。

 

そのためライブハウスシーンを追っかけてる方には物足りないと感じるのではないでしょうか。

 

インディーズバンドの音源の流通は未だにCDがメインです。

 

金額に見合った特典があるから

 

 今の時代CDだけを1000円2000円で販売しているようでは勝負できません。

レコード会社側も様々な手を使って売り上げを伸ばそうと努力しています。

 

例えば、初回限定版にはライブ映像が収録されたDVDをつけたり、

ライブチケットの先行予約を受け付けるなど、

様々な特典をプラスすることで値段に妥当性を持たせています。

 

また、ライブ映像ならそのアーティストの過去の曲とライブの雰囲気がわかるし、

ライブの先行予約でチケットを手に入れることが出来れば、

よりそのアーティストを知ろうとするので過去のCDの購入に繋がるメリットがあります。

 

僕みたいに現場で音楽を楽しみたい方は初回盤のCDをゲットすることで楽しみの幅が大きく広がるというわけです。

 

まとめ

 

ここまでCDで音楽を楽しむメリットを伝えてきましたが、かといって月に何十枚もCDを買うほど余裕はないので、

本当に好きなアーティスト以外はレンタルやSpotifyのようなサービスに頼るのももちろんアリです。

 

sugarock.hatenablog.com

 

CDレンタルに関してはこちらでも書いています。TSUTAYAインディーズ盤も豊富に取り揃えてるのでオススメ。

 

逆に言うとCDが本当に欲しいと思うかどうかが

そのアーティストを好きでいるかの物差しになります。

 

あとはCDショップで実際にCDを手にとって

早く聴きたいなーってワクワクしながら帰る感覚がたまらないんですよね。

みんなニコニコ(ニヤニヤ)しながらお店出ていきますもん(笑)

 

というわけで僕はこれからもCDで音楽を楽しみ続けていきます。

この記事を見てみなさんが音楽をより楽しむことが出来れば嬉しいです。

 

 

 

以上、Sugarでした

ありがとうございました

また会いましょう