SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックが好きな大学生がロックバンドの成長を後押しするためブログで色々と発信中。

[ライブレポート]MAN WITH A MISSION The World's On Fire TOUR@幕張メッセ

 どうも、最近は月2〜3回ペースでライブを観ているSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

そんなんでライブキッズ名乗んなって言われそうですが…(汗)

年末はめちゃくちゃ行きますよー!(多分)

f:id:ysugarrrrrrr:20161107184554j:plain

f:id:ysugarrrrrrr:20161107184609j:plain

 

ということで今回は先日行ってきたMWAMの幕張メッセ公演のライブレポートです!

 

 

MAN WITH A MISSION 「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演

 

この日は物販にも朝から並び気合い入ってました。

ただ物販スタッフは過去最大数ということもあり意外とすんなり買えたので朝から並んだ意味はあったのかなーってなりましたww

 

 

いざ会場に入ると内側がスタンディングエリアで外側が一段高くなっていてそこが指定席となってました。

僕はスタンディングのBブロックで後ろのエリアだったので入った瞬間

 

これはもうステージ見えないな(確信)

 

とにかく音を全身で浴びようと思いました。

 

いざ会場が暗転すると、いつものBad ReligionのSEではなく、壮大なサウンドにステージ全面に映像が映し出される。

世界各地の映像とともに今作アルバムにおけるメッセージが英語が流れ、メンバー5人匹(人)が登場(直接ステージが見えないのであくまで予測)

そのままアルバムの1曲目「Survivor」のイントロにつながりライブスタート

 

ライブハウスだとフロア前方は盛り上がるっていうのがわかってるんですけど、

こういう大きい会場だと周りのお客さんの雰囲気とか気になっちゃうんですよねー

 

ただこの日は周りの一体感みたいなのがすぐに出来てそれはもう一気に盛り上がりました。

 

その熱量のまま2曲目に早くも「database」投下!

サビ前のジャンケンのパートは今まで聴いた曲の中でも屈指のカッコよさだと思っております。

後ろのブロックでも周りは早くもモッシュダイブの嵐です。

 

MCではこの日会場に集まった人々を「タカガ2万3000人、我々容赦ナクブッ潰ス所存デゴザイマス!」といつも通り煽る。

 

たかがと言ったがそれもそのはず、アルバム曲も当然のようにアリーナクラスの会場で響くべき曲ばかり。

「followers」では僕がオオカミ達の音楽を求める訳を共有出来た気がしました。

 

その次のおなじみ「Get Off of My Way」ではBブロックの僕らの目の前に設置されていたサブステージにサンちゃんが登場!

一緒にゲドンダンス(勝手に命名)で盛り上がりました。

 

アリーナワンマンおなじみのムービーコーナーでは全国78人(笑)のカミカゼボーイファンに向けた短編面白ムービーが上映

この辺のお笑い要素も相変わらずでオオカミたちの一大エンターテインメント性には毎回感激しております(笑)

 

「Give it Away」「Out of Control」とアルバム曲が続き、「Memories」ではお客さんがスマホのバックライトで会場を照らして辺り一面壮大な景色に。

去年の年末フェスで初めて聴いてからもうすぐ1年、

こうやって毎年この曲が聴きたくなる時期っていうのが来ると良いですね。

 

「結成シテ6年モ経ツト当然ヤラナイ曲ガ増エテクルトイウコトデ、

次ハソンナ曲ヲメドレー形式デヤッチャイマス!」

「ライブデ演奏スルノガ1番好キナ曲」と言って始まったのは「1997」

出だしからオーディエンスの大歓声が上がりました。

この選曲はもちろん12月に開催されるAIR JAMを見越してでしょう。

 

メドレーのラスト「DANCE EVERYBODY」ではサブステージにカミカゼさんが登場!

我々Bブロックは全力のタオル回しで応えました。

 

「先程DJサンタモニカトカミカゼボーイガ後ロノステージニ立ッタンデスケド、初メ全然気ヅイテモラエナクテ、今モショックヲ引キズッテルトノコトデ…(笑)」

という前置きでスタートしたのは。ジャンケン弾き語りの「ワンダーランド」

ラップで煽り立てるのはもちろん、こういうスローテンポの曲で見られる抜けの良い繊細な歌声も素晴らしいです。鳥肌もんでした。

 

メンバーが全員ステージに戻ると、続いて新曲「Hey Now」を初披露!

この曲はBOOM BOOM SATELLITESの中野さんが製作に参加してということで、

MWAMらしい重厚なサウンドにエレクトリックな要素が加わり、歌って踊れるナンバーでした。

12月に配信限定リリースとのことなので楽しみにしております。

 

そんな新曲が終わると一気に終盤戦

「Emotions」のイントロが流れるとこの日1番の大歓声が!

ラスサビで曲名通り感情を爆発させてボルテージは最高潮に。

感情とか衝動の為すがままにダイブしていく人たちを見て、

これが本当に正しいダイブのあり方だよなーと思いました。

 

「今我ガ国デハ未ダニ隣国トノイザコザガアッタリ、世界デハモット過酷ナ争イが続イテマス。我々ハソウイウ事ニ対シテアベコベ言エルヨウナ人間ジャナイデスケド、、、テカ、狼デスケドwww、無理ダトワカッテテモ祈リ続ケル、理想ト現実ハ大シテ離レテナイトイウ事ヲコレカラモ伝エテイキタイト思イマス!」

と言って演奏されたのはアルバムタイトル曲「The World’s On Fire」

 

ここまでのライブの世界観、音楽以外での支援活動など、MWAMが今世の中に発信したい事の全てがこの1曲に集約されていたように感じました。

 

そしてラストは「Seven Deadly Sins」で2万3000人が大合唱を起こし本編は終了。

アンコールもとい焼肉コールの前には先述した新曲のリリース告知と本ツアーの追加公演が石巻で開催される事を発表。

再びステージに登場した5匹(人)は「FLY AGAIN」「Raise your flag」とアッパーチューンを続けざまに叩き込んで大熱狂のうちにライブは幕を閉じました。

 

アンコール含めてピッタリ2時間、曲数も20曲弱と、アリーナワンマンにしてはちょっと少ない気もしたのですが、コンパクトなセットリストにしたことで今回のアルバムの世界観がより説得力を持って伝わってきました。

 

一人一人が心の中の炎を絶やす事なく、理想を訴え続ける事で世界は良い方に向かっていくというMWAMの姿勢を僕はもちろん支持しますし、これからも応援しようという思いが強くなったライブでした!

 

今回のライブのセットリスト完全版はこちらに掲載しております。

sugarock.hatenablog.com

 

ライブレポートということで長くなりましたが今回はこの辺で!

The World's On Fire

The World's On Fire

  • MAN WITH A MISSION
  • ロック
  • ¥2100