読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックを中心に様々な情報、感想、意見を発信中。皆さんの役に立ち感情を揺さぶる文章を目指します。

THE NINTH APOLLO発のWELL BUCKET RECORDSから目が離せない

f:id:ysugarrrrrrr:20170111214055j:plain

どうも、今年はインディーズバンドもとことん聴いていきたいSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

 

有名どころのフェスでもインディーズバンドが大きなステージでライブを行ったり、

メジャーバンドと遜色ない活躍が目立つ現在のロックシーンにおいて、

今世間で最も注目されているインディーズレーベルといえば何を思い浮かべますか?

 

 

きっと多くの方が答えるのが「THE NINTH APOLLO」ではないでしょうか。

大阪を拠点に、「ジャンル不問、絶対的現場主義」を掲げ全国各地のライブハウスでの活動を大切にしているインディーズレーベルです。

 

過去にSHANKやBUZZ THE BEARSを輩出し、

最近ではMy Hair is Badがメジャーデビューし大ブレイクを果たしたことで知名度が一気に広まりました。

 

有名音楽誌MUSICAにも「2017年はTHE NINTH APOLLOがシーンに風穴をあける」と書かれるほどです。

 

ミーハーな僕はまんまとそのTHE NINTH APOLLO、略してナインスの所属バンドの音楽にハマりつつあります。この先ここで紹介することが多くなりそうです。

 

前置きが長くなりましたが今回はそのナインスの社長の渡辺旭さんが昨年立ち上げた新レーベル「WELL BUCKET RECORDS」の所属バンド2組を紹介したいと思います!

いずれも若い勢いしか感じられない注目バンドです!

 

 

優しい歌声で聴かせる曲から2ビートもこなす「Cloque.」

youtu.be

 

1組目は2015年に結成した3ピースバンドCloque.です!

 

初の全国流通盤として昨年12月にリリースされた「今日を越えて」は同月のタワレコメンにも選ばれ、上に載せた「Haul」はバズリズムや音流といったテレビ番組でも取り上げられており各所から注目されています。

 

Cloque.の特徴はやはりギターボーカル村松さんの優しい歌ではないでしょうか。

実際アルバムのリードに選ばれているのは歌の良さが出ているギターロックです。

ただミニアルバムには他にもライブでノレそうな曲から2ビートの曲まで収録されてます。

僕は「ハッピーエンド」と「カロン」という曲がとても気に入っています。

 

ライブキッズはもちろん今後幅広いリスナーに支持されるバンドに成長する可能性を秘めたバンドです。

 

先日渋谷のタワレコでのインストアライブに行ってきましたが、とても多くの人が集まって、終始とても賑やか和やかで楽しいライブでした。

今度は(早ければ来月にでも)ライブハウスで観たいですね。

youtu.be

 

どストレートに吹っ切れた歌が特徴の大阪のガールズバンド「Hump Back」

youtu.be

2組目は大阪の3ピースガールズバンドHump Back!

Cloque.と同じく昨年12月に初の全国流通盤「夜になったら」をリリースしました。

発売後1週間くらいは各地のタワーレコードで入荷待ちになるほどの売れ行きでした。

 

そしてこちらも1曲目の「月まで」が音流の12月のエンディングテーマに選ばれ注目されました。テレビで聴き馴染みのある方もいるかもしれません。

 

僕が思うHump Backの良いところはズバリ、ガールズバンドっぽいところとそうじゃないところが共存してる点です。

ボーカル林萌々子さんの歌はザ・ガールズバンドという感じでとても良いのですが、歌ってることがかなーりリアルな気がします。

ゆえに暗くてネガティヴな歌詞も多いのですがそれが魅力とも言えます。

 

あとは上の「月まで」だったら「髪でも切りに行こうぜ」っていう歌詞があるんですが、その部分を掛け声っぽく、スカッと歌い上げる所もとても好きです(こういう歌い方をする曲がとても多いです)。

内容は暗いけどその過去にしっかり区切りをつけてる感じがしますね。

 

ガールズバンドだけど変にキラキラしてない印象で共感が持てます。

そのあたりは同じ大阪のガールズバンドでメンバー間の仲も良いyonigeと共通する部分もありますねー。

 

Hump Backに関しては明日1/12のレコ発ライブに行ってきます!

対バンにyonigeもいるのでとても楽しみです。

youtu.be

 2017年はインディーズバンドもどんどん掘り進めていきます

という感じで期待のインディーズレーベルと所属の2バンドを紹介してみました。

 

最初にも言いましたが2017年はとにかくTHE NINTH APOLLO及びナインスの関連レーベルのバンドがライブハウスシーンで大活躍する1年になるはずです。

 

そしてロッキン等の大型フェスにどれだけ食い込んでくるかが今からとても楽しみです。

 

それ以外にも今年はインディーズバンドも沢山勉強して、実際にライブハウスに足を運ぶ機会もどんどん増やしていきたいと思います!