アーティスト

ストレイテナーのホリエアツシさんみたいな大人になりたい

ストレイテナー公式サイトhttp://www.straightener.net/about/#straightenerより引用
Sugar(@Sugarrrrrrrock)です。
僕はこんなブログを書くくらいに音楽は大好きですが、実際に音楽をやる側にはこの先絶対にならないです(笑) DJはちょっと興味ありますけど(笑)
ただ、バンドマンの生き方なり考え方には非常に共感することがあって、憧れを持ってますし、憧れるだけでなく参考にしているつもりです。
その中でも僕が特にカッコ良いなぁと思うバンドマンを今回は紹介したいと思います。
紹介するのは・・・
ストレイテナーのボーカル、ホリエアツシさんです!(写真右から2番目がホリエさん)
もちろんストレイテナーの音楽が好きなのはありますが、1人のミュージシャンとして、人柄も生き方も尊敬する点が沢山あります。
つまりはタイトルの通り、僕はホリエさんみたいな大人になりたいのです(笑)
というわけで、誠に勝手ながら今回はホリエさんの魅力を沢山紹介していきます!

僕がホリエさんに多大な魅力を感じる理由

1. フロントマンとしての振る舞いがクールでカッコ良い

まずはバンドのことも含めた話を。

youtu.be
僕が思うストレイテナーの曲の良さって、バンド名の通りストレートにシンプルにカッコ良いと思えるところなんですよね。
良い意味で派手さが無い、つまりはクール。でも疾走感に溢れた曲が多いです。
この魅力って今思えばまさにホリエさんの素晴らしい部分なんですよね。
youtu.be
ホリエさんの歌ってAメロBメロはとてもクールにこなしていて、サビで一気に熱を帯びる感じが他のバンドよりも明確に伝わってきます。
上の「冬の太陽」なんて力の入れるタイミングが完璧ですよね。
僕はこのギャップに毎回やられています(笑)
このクールな部分は歌だけに限らず、ライブでの振る舞いにもはっきり見えています。
フロントマンなので前に出なきゃいけないと思いがちですが、ホリエさんは良い意味で目立ってないんですよね。これは本人も自覚しているそうです(笑)
ステージングも、MCも控えめ。あくまで4人でストレイテナーというバンドをやってるんだという姿勢が感じられるので個人的にはGOODです。
他の3人がひなっちさんを始め名プレイヤーが揃ってますから、メンバーのそれぞれ良いところを引き出してバンド全体を上手くまとめているようにも感じます。
このように周囲を俯瞰で見ることが出来て、自分だけではなく周りも含めた全体を最適化出来る方だと思っております。これがホリエさんに魅力を感じる1つ目の理由です。
ちなみに、これを書いている3/1に昨年のツアーのDVDが発売されました!
ファンの方はもちろん、CDは持ってるという方、フェスなどでライブをよく観るという方、テナーのことをより深く知ることが出来る作品だと思いますよー。

2. とにかくセンス抜群

センス抜群のソロプロジェクト

ミュージシャンの方々は皆さん類い稀なセンスをお持ちでいらっしゃると思うんですが、ホリエさんのセンスは特に素晴らしいです。
そのセンスがいかんなく発揮されているのがソロプロジェクトの「ent」

youtu.be
バンドではフロントマンでいながら良い意味で目立っていないという話をしましたが、それはソロとバンドでの線引きがしっかりしているから、ストレイテナーではバンド単位でやりたい音楽を追求しているのだと思います。
ホリエさん個人でやりたい音楽はent名義で作品にしておりアルバムも3枚リリースしています。
entの楽曲はまさにホリエさんのセンスの良さがとにかく光ってます。僕も聴くことで自分のセンスが磨かれている感じがします。自分語彙力ないっすね(笑)
今年の1月にリリースされた3rdアルバムを機に聴くようになったのですが、それ以降楽しめる音楽の幅が急激に広がった気がしています。やっぱり自分の中の感性が磨かれているのは間違いないです(笑)
entはテナーの音楽とは全然違ったホリエさんの芸術家としての部分がよく見えてくるのでオススメです。以前レビューも書いたので是非。

合わせてチェック!

センス抜群のInstagram

そしてこの抜群のセンスが日頃から垣間見えるのがホリエさんのInstagramです。
グルメにせよファッションにせよ、日常の風景の切り取り方が抜群にイケてます。
僕がホリエさんに惹かれた大きなきっかけになったのがこのインスタとの出会いでした。
以下、選りすぐりのセンス抜群の投稿をいくつか紹介。

夜空のむこうにはもう明日が待っているんだね。 #夜空ノムコウ #ノムコウ

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –

中の人という概念 #スーちゃん #ラコスバーガー #quartet

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –

とりあえず後戻りはできない

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


どうですか。洒落たものからお茶目な部分までセンス抜群でしょ??笑
最後に載せたやつはインスタ史上1番好きな投稿です。
これを機に皆さんもホリエさんをフォローしましょう(笑)

3. バンドマンから慕われまくっている

僕がホリエさんに憧れる3つ目の理由は、とにかくバンドマンからのリスペクトがスゴイという点です。
ここまで書いてきたことでお判りの通り素晴らしい人柄なので、そりゃもちろん顔も広い方なわけですよ。
だからストレイテナーって対バンで呼ばれることが他のバンドに比べて格段に多いです。
ホリエさんもライブやフェスでの出会いをとても大事になさっていて、
特に後輩バンドに対してとても仲良くしている様子が多数伺えます。
back numberの依与吏さんと仲が良いのは結構有名ですよね。

後輩が後輩に説教するの図

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


写真左が依与吏さんで右がMy Hair is Badの椎木さん。ここも師弟関係って感じですね。
ちなみにマイヘアの最新アルバムの帯コメントを書いているのは他の2人です。
さらに椎木さんはentの最新MVにも出演してます。仲良過ぎか。
他にも年明けのシングルでプロデュースを務めたgo!go!vanillasや、

まさかの意気投合でしたな。 @tatsuya_maki #gogovanillas #九州男児 #雑賀

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


みんな大好き[Alexandros]の洋平さんなどなど。

カップルで観に行くのはあまりお勧めできないんだ📽 #観た映画はガールオンザトレイン

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


後輩だけでなく、同年代とももちろん仲良くしているシーンが見られます。
これとかスゴイ。ロック界の2大巨頭、細美さんとTOSHI-LOWさんを従えてセンターに君臨するホリエさん(笑)

こうして治安は守られるのでした。 #NewAcousticCamp #ニューアコ #security

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


こちらも大御所たち

#10feet #asiankungfugeneration #dragonash #ストレイテナー #アジカン#skyjamboree2016 #skyjamboree

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


さらに俳優さんとも

バカやってる😆😆

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


さらにさらにアイドルとも

最上もがという概念 #でんぱ組 #最上もが http://www.cinra.net/interview/201606-straightener

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


負けず劣らずじゃねーか(笑)
どの投稿もお互いがリスペクトし合ってるから出る笑顔ですよね。

ワンチャンとゲンちゃんでしたな。 #WANIMA#04limitedsazabys #ストレイテナー #京都大作戦 #skyjamboree

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


最後にインスタ史上1番笑った投稿を。

His Hair is Bad My Face is しわくちゃ #椎木知仁

Atsushi Horieさん(@a.horie)がシェアした投稿 –


いやもう、どんだけ慕われてるんだよと。
それもそのはず、2000年代後半、今シーンを賑わせている若手バンドは皆ストレイテナーを聴いて育ってますからね。
でもこういう投稿を見るとただ一方的に慕われてるのでなく、ホリエさんも後輩バンドに対してリスペクトを持って接しているのが伝わってきます。なんて素敵な方なんだ…!!

まとめ

いかがだったでしょうか。思ってた以上にインスタ宣伝コーナーになりすぎてしまいましたが…笑
ホリエさんは本当に顔が広くてセンスも抜群で懐の深い方だということがわかって頂けたら嬉しいです。
ホリエさんみたいな大人になりたいと僕が思うのも納得頂けたのではないでしょうか。
好きなこと、やりたいことをやってる上で、いろんな人が寄ってくるような、そんな魅力的な人間になりたいものです。
まぁ20代のうちはもっとギラギラと、野望を持ってやりたいことに全力を注ぎたいですね。
今はこのブログで好きなことを発信することで自分を見せるべく頑張ります!