SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックが好きな大学生がロックバンドの成長を後押しするためブログで色々と発信中。

[Alexandros] 「We Come In Peace Tour & Documentary」を見て

f:id:ysugarrrrrrr:20170727105936j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

今月は久々に毎週新譜を手に入れて紹介した1ヶ月でした。

 

今週はCDではなく映像作品。

[Alexandros]の4月に幕張メッセで行われたツアーファイナルの模様が中心となった「We Come In Peace Tour & Documentary」を手に入れてきました。

 

いやー、高かった(笑) ブルーレイだと尚更ですが...

ただ、タイトルにもある通り、ツアーファイナルまでのドキュメンタリー映像もライブ映像と同じぐらい見ごたえがあります。

初回盤だと2枚組でなんと約5時間の大大大ボリュームです。

 

[ライブレポート] 4/22 [Alexandros]@幕張メッセ - SUGAROCK-FESTIVAL

 

詳しいライブレポートはこちらでも書いたので(映像化されてる1日前のものですが)、映像を見た感想を残しておきたいと思います。

 

 

DVDの感想

Disc1のライブ映像は先述の通りツアーファイナルの模様が本編、アンコールともフルで収録されています。

僕個人的な見所の曲を挙げるとすると

 

・映画のようなオープニング映像からの「ムーンソング」の演出

・メンバーがステージを縦横無尽に駆け抜け、洋平さんのハンディカメラでステージの熱気を映し出した「Kick&Spin」

「ムーンソング」と同じく綺麗な映像に洋平さんの透き通った歌声が大会場に映えた「O2」

・本編終盤戦、一連のライブアレンジでフロアを揺らした「Swan」「Starrrrrrr」の3曲

 

あと実際観に行かれた方はわかるかと思いますが、「言え」の前のちょっとしたアクシデントもカットされず記録されています(笑)

 

副音声では毎回恒例メンバーによるコメンタリーが収録されていおり、こちらも聴きどころ満載です。

 

そしてDisc2、普通の映像作品なら2枚目はおまけ的な感じもしますが、こちらも初回盤は2時間以上の大ボリュームです。

 

まずは海外も含めた各地各公演のツアードキュメンタリー。 

ツアー中それぞれの公演でしか披露してない曲のライブ映像が見れたり、ステージ裏やリハーサル、移動中の模様までかなり潜入してくれています。

 

これを観ながら、「うわー、ここではこの曲やったのかよ!行けばよかったー!」

と終始頭を抱えていました(笑)

会場ごとに少しずつアレンジを加えながら、ライブ全体の完成度が上がっていく流れを追体験することができます。

 

 

そして、初回盤には更に、幕張メッセの後だとすごい小さく見えてしまうツアー初日の横浜アリーナと、ライブハウスならではの熱気に溢れた岡山CRAZYMAMA KINGDOMでのライブ映像が計12曲フル尺収録されています!

 

Disc1と合わせて合計なんと41曲、これで5000円台ならむしろお買い得ではないでしょうか。。。

 

地方のライブハウスの映像は特に大迫力。

幕張メッセは正直そこまで激しい盛り上がりっていうのはなかったのですが、

ライブハウスだとモッシュもダイブもガンガンあったみたいですね。

 

僕の当初の[Alexandros]はとにかくライブが激しいというイメージがあったので、そのイメージ通りのライブが今でも出来てるんだなぁと嬉しい気持ちになりました。

 

まとめ

というわけで、2枚で計5時間、曲数にして41曲、更に副音声にドキュメンタリー付きですよ。

これはきっと一生モノになるはずです。

 

大会場が似合うロックスターであることは間違いないし、ライブハウスの汗と熱気も今でも大事にしていることもこの作品を通して十分すぎるほど伝わってきました。

 

まだまだ道半ば、世界の頂きに立つまで、これからも安心してついて行こうと改めて思いました。

 

まだお持ちでない方も是非余裕があれば手にいれてもらいたいです。

手にいれて観たという方は是非Twitterなどで感想もお待ちしております!

 

初回盤は数に限りもあるのでお早めに!