読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックを中心に様々な情報、感想、意見を発信中。皆さんの役に立ち感情を揺さぶる文章を目指します。

二日酔いの処方箋?酔い覚ましに効くであろう邦ロック曲20選

アーティスト-04 Limited Sazabys アーティスト-KANAーBOON アーティスト-KEYTALK アーティスト-SHANK アーティスト-THE ORAL CIGARETTES アーティスト-WANIMA アーティスト-[Alexandros] アーティスト-キュウソネコカミ アーティスト-サカナクション アーティスト-ヤバイTシャツ屋さん アーティスト-夜の本気ダンス アーティスト-Suchmos

f:id:ysugarrrrrrr:20170309190714j:plain

 

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

 

いきなり個人的なことをカミングアウトさせていただきますが、僕はお酒があまり強くありません。

嫌いってわけではなくむしろ飲みの席は好きだったりします。

普段あんまり表立ってしゃべるような人じゃないので、お酒飲んでる時は自分でも素の部分が出てるなーって感じるしとても楽しいです。

 

ただ飲み会の後、皆と別れた後の時間がかなりキツイんですよ。

さっきまで良い感じに酔っ払ってたのに、帰りの電車に乗った瞬間悪酔いに変わるんすよ。マジで苦痛。最悪電車降りてトイレに駆け込むこともあったり。。。

 

そんな悪酔いがどうすれば和らぐかなーって考えると、ここでもやっぱり好きな音楽のパワーが発揮されると思うんですよね。

完全に個人の体験談になりますが実はとある音楽に助けられて悪酔いからホントに覚めた1度あったりしまして(笑)

 

という訳で、今回は僕が勝手に酔い覚ましに効きそうな曲を選んでみました(笑)

先に言っておきますが独断と偏見に過ぎないし医学的根拠なんてもんは全くございません。

完全に悪ノリだと思って楽しんで頂ければと思います(笑)

酔いを覚ましたい時はこれを聴け!

その1. 4つ打ちゆらゆら系

KANA-BOON 「ないものねだり」

youtu.be

僕がさっき言ってたとある音楽に助けられたっていうのはコレです。

当時二十歳の僕はフラフラ頭ガンガン状態だった時にこれ聴いて一緒にゆらゆらしてたら最寄り駅着いた時には悪酔いから解放されてたのです。

おんがくの ちからって すげー って改めて感じた瞬間でしたね。

 

酒に酔ったらまずコレ聴いて下さい。

聴いた後でチャーハン食ったらさらに効果大だと思います。

 

※ちなみに個人的な体験談に基づいてるのはこの曲だけなのでこれ以降は正真正銘僕の独断で選んでます。

 

04 Limited Sazabys 「fiction」

youtu.be

前例にならうとまずは4つ打ちでゆらゆらふらふらしとけば多分大丈夫だと思ったので。

速いと評判のフォーリミの中でもバスドラがガツガツ来るのはこの曲。脳みそ叩き起こしてくれると思いますよ。

酒に飲まれたならメロウに飲まれてイカれとけばきっと治ります。

 

その2. 踊り狂うダンス系

KEYTALK 「MONSTER DANCE」

youtu.be

酔って辛い時はとにかく踊れる曲で頭を揺らしてやりましょう。

今の時代の踊れる曲といえばまずはコレでしょう。

心の中で一緒に合いの手打ったり振り付けしとけば大分マシになるはずです。

そして謎の呪文アルバラーバは二日酔いにも効くと噂されています。

 

フレデリック 「オドループ」

youtu.be

今の時代の踊れる曲第2弾。

踊ってない夜なんて知らない。まして酒に飲まれる夜なんて知ったこっちゃありません。

帰ってカスタネットをタンタンすれば翌朝まで響くことはまず無いでしょう。

 

夜の本気ダンス 「WHERE?」

youtu.be

 

踊ってない夜は知らないし、夜になったら本気ダンスするのが今のスタンダードなんじゃないんですか??

場所とか関係ないのでとにかく踊りましょう。酔っ払ってる時点で醜態晒してるんですから、ね。踊れる準備は万端ですね。

 

キュウソネコカミ 「MEGA SHAKE IT!」

youtu.be

 

踊ってもまだ覚めないのであれば物に頼るのもアリです。

ウコンとかペパリーゼとかよくわかんねぇけど、今の時代はまずメガシャキです。

メガシャキ飲んでコレ聴いとけばきっと大丈夫。ところでハウスミュージックって何だ。

 

THE ORAL CIGARETTES 「狂乱 Hey Kids!!」

youtu.be

 

もしかしたら踊るなんてくらいじゃまだ足りないかもしれません。

踊るを通り越して狂気の沙汰で狂ってみましょう。

キッズのみんなは憧れのヤマタクになった気分で不敵な笑み声を上げながら駆け回ってみると良いと思います。

 

その3. 酒じゃなくて音に酔う系

[Alexandros] 「Stimulator」

youtu.be

 

そもそも踊るのが嫌だ!って方は、いっそ音に酔ってみるのはいかがでしょうか。

音に酔うということではまず旧[Champagne]を聴くのがピッタリ。

曲名は日本語訳で「刺激物」ですからね。まず音に酔えば自然と身体がザワつきたくなってくるってもんです。

 

サカナクション 「夜の踊り子」

youtu.be

踊るのが嫌だっていう人も残念でしたもう逃げられません。

コイツはどんな人間も問答無用で踊らせます。

今泣いて何分後かの自分はきっとアルコールから解放されてるはずです。雨の日に聴くとさらに効果倍増。

 

Suchmos 「Miree」

youtu.be

 

酔ってしんどい状況で終電で帰るくらいだったら逆にコレを聴きながら終電で渋谷に繰り出してみましょう。

新潟の田舎っぺが渋谷駅前は今日もうるさいなかなか一人になれないと言うくらいですから、否が応でも覚めます。眠らない街をナメるな。

 

その4.  ハイトーンウェイ系

the telephones 「I Hate DISCOOOOOOO!!!」

youtu.be

 

踊らせて酔わせての次は逆に力技です。単純にうるさければ眠りからも酔いからも覚めるはず。

という訳でハイトーンボイスで一緒に叫びましょう。

酔いの向こう側...いやそのままディスコの向こう側を見に行きましょうね。

 

凛として時雨 「Telecastic fake show」

youtu.be

 

ハイトーン第2弾。

こちらは男女2人が揃ってるとさらに効果絶大。

サビでそれぞれのパートで掛け合いすれば文句なしです。

そのまま朝までDISCO FLIGHTすれば良いんじゃないすかね〜

 

 

Fear, and Loathing in Las Vegas 「Just Awake」

youtu.be

 

ハイトーン第3弾。

ここまで来るともはや暴力。曲名通り一瞬で目覚めます。

その勢いで公の場所で暴れてしまうと最悪警察に連行される可能性もあるのでご注意下さい。

 

その5. 楽器がウェイ系

9mm Parabellum Bullet 「新しい光」

youtu.be

 

今度は楽器の力技。演奏が暴れまくってるといえばやっぱり9mmでしょう。

彼らの全盛期を知ってるサラリーマンには懐かしさも合わさって一層突き刺さると思います。

00年大後半と10年代前半のロックシーンももっと勉強したい所存です。

ここに来てちょっと真面目になってしまいました。

 

SHANK 「Good Night Darling」

youtu.be

鬼カッコ良いそして鬼速い2ビートでコレの右に出る曲はなかなか無いんじゃないですかねー。

メロコア大好きな方もメロコア怖いって方もまずはこの曲で脳天突かれて下さい。酔い覚ましはもちろん朝の目覚ましにもオススメ。確実に起きる。

 

浴びるように飲んで家系ラーメン食ってSHANK聴くみたいな1日を過ごしてみたいなぁ。

 

その6. パリピでウェイ系

ヤバイTシャツ屋さん 「あつまれ!パーティーピーポー」

youtu.be

今度は悪酔いした人をパリピに引き戻す作戦。

今をときめくパリピといえばコイツらでしょう。

酒飲めへんし踊れへんくてもパリピにはなれます。

てか酒飲めへんくせに酔って吐いた女持ち帰ろうとするとかタチ悪すぎちゃうか。

 

TOTALFAT 「PARTY PARTY」

youtu.be

元祖パリピチューンといえばコレ。

酔った上に一人で寂しい帰り道はコレを聴いて近くの人と一緒に輪になってグルグル回れば良いと思いますよ。

サークルなんて楽しけりゃあ自然と出来てるもんよ。意識して作ろうとしちゃダメ。

ライブマナーにうるさい僕から贈ります。

 

その7. 野太いシャウト系

SiM 「KiLLiNG ME」

youtu.be

 

さっきはハイトーンボイスの力技を紹介しましたが、今度は破壊力抜群のシャウトで身体の芯から震え上がらせる作戦。

イントロの最後は持ってるカバンを楽器に見立ててグルングルン回ってみましょう。そしたらもう酔いは覚めます。

くれぐれも終盤のMAHさんみたいに仰向けに寝っ転がるのは止めましょうね。

 

Crossfaith 「Jagerbomb」

youtu.be

酔い覚ましのための曲を紹介してんのに曲名が酒っていう。

でもコレを聴けば悪酔いから覚める上にさらに飲みたくなること間違いなし。思う存分暴れて下さい。

ただ公の場でのウォールオブデスは大変危険です。行うのはラウドバンドのライブかスクランブル交差点だけにしましょう。

 

その8. ワンチャン系

WANIMA 「BIG UP」

youtu.be

 

ここまで全部聴いてきた皆さんはもはや悪酔いなんて遥か彼方に行ってしまいハイテンションな方々ばかりだと思います。

その勢いで最後はワンチャン狙うのが人としてあるべき姿ではないでしょうか。

 

まぁ自分にはそんなつもりも気合いもありませんが、その意気込みだけでもどこかにしまっておくのが大事だよ、多分。

独りの夜が、人をより強くしてくれると信じております()

 

ただ時にはリスクを背負って困難に飛び込むことも大事です。

HIGH & LOWの精神でこの先皆さん突っ走っていきましょうね。

飲み会のお供に是非!(効果があるかは一切保証しません)

いかかでしたか?もう酒に飲まれるどころか逆に音に飲まれてベロンベロンになってしまってませんか??

 

もしそうなってしまったのであれば、それが正常です。ロックを楽しめてる証拠です。

 

まぁ、盛り上がる曲聴いとけば悪酔いとか二日酔いとか吹っ飛ぶんじゃないすかねっていうクソ適当な理論のもとでこの記事は成り立っております(笑)

 

なので実際に上記の効き目があるかどうかは全く知りません。そして一切責任を負いません(笑)

ただKANA-BOONで酔いが覚めたのは紛れもない事実です(笑)

 

 

そして言うまでもなくここで紹介したのはライブやフェスでは鉄板で盛り上がるキラーチューンのオンパレードです。

 

酔って辛い時とか言わずに何なら飲み会とかカラオケとか楽しく酔ってる時にガンガン流してくれた方が間違いなく楽しめます。

 

 

このブログでは割と真面目なことばっかり書いてるんですけど、

たまにはふざけたことも書いてみようかなということで今回は完全にネタに走ってみました。思いっきり自己満足です。

 

ここまで各バンドのことをイジリ倒してしまったことを深くお詫び申し上げます。

もちろん愛とリスペクトありきなので、ファンの皆さんもどうか大目に見て下さい(泣)

 

 

次からは今まで通り真面目にバンドのことアルバムのことライブのことその他もろもろ書いていくので、これからも是非チェックして下さい。

たまーにこういう記事も書いていきたいと思います(笑)