SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

【ライブレポート】4/7 YON FES 2018 (1日目)

f:id:ysugarrrrrrr:20180409094001j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。 

 

2018年4月7日〜8日にかけて愛知県のモリコロパークで行われた04 Limited Sazabys主催「YON FES 2018」に参加して来ました!

 

ここではその1日目のライブの模様をお届け出来ればと思います。

 

少し日が空いてしまいましたが、参加した方もそうでない方も、フェスの1日を追体験する一助にして頂ければ嬉しいです!

 

 

ライブレポート

go!go!vanillas (SKY STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411161026j:plain

セットリスト

M1. おはようカルチャー

M2. ヒンキーディンキーパーティークルー

M3. エマ

M4. スーパーワーカー

M5. SUMMER BREEZE

M6. カウンターアクション

M7. 平成ペイン

 

2018年のYON FESの1発目、

 

2日間の熱狂をこれから呼び起こすかのようにモリコロパークにこだました「おはようカルチャー」のシンガロングが最高に心地良かったです。今思い返してもホントにベストな選曲だったと思う。

 

 

「フォーリミが好きな人は音楽でバカになれるって聞いております!」

 

とその後は思った以上に攻め攻めの構成。歴代のキラーチューンパーティーチューンでSKY STAGEを爽快に駆け抜けていきました。

 

GENさんの推しソングでもある「スーパーワーカー」も久しぶりに観れて、頭のリフから耳を奪われましたね。

 

おはようカルチャー

おはようカルチャー

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Dizzy Sunfist (LAND STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411161145j:plain

セットリスト

M1. Someday

M2. No Answer

M3. Life Is A Suspense

M4. Joking

M5. Summer Never Ends

M6. SHOOTING STAR

M7. Tonight, Tonight, Tonight

M8. The Dream Is Not Dead

 

「ヨンフェスー!誰が1番笑顔で帰れるか勝負だー!! 」

 

というあやぺたさんの掛け声でスタートした「Someday」から新旧交えた攻撃的なメロディックチューンを次々と投下したDizzy Sunfist。

 

肌寒い会場をあっためるどころか、こちらの感情に一瞬で火をつける。この瞬発力こそメロコアの魅力だよなと再実感しました。

 

曲の最後のもあいさんの「オイ!」「っしゃ!」みたいな掛け声とか、

聞き取れないぐらい勢い余って前のめりなMCとか、

 

フォーリミ同じぐらいのキャリアを重ねながらも、純粋にライブを楽しんでる姿がとても印象的でしたね。

 

2日目も最後の集合写真に写っていたし、出演者としてもお客さんとしても、宣言通り2日間誰よりも笑顔で楽しんだのはディジーかもしれません。

 

Someday

Someday

  • Dizzy Sunfist
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

SHANK (SKY STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411161353j:plain

セットリスト

M1. Surface

M2. Cigar Store

M3. Life is...

M4. Good Night Darling

M5. Set the fire

M6. Hope

M7. Two sweet coffees a day

M8. 620

M9. Weather is Beautiful

M10. Departure

M11. Long for the blue moon

M12. Restart

M13. BASIC

M14. Submarine

  

「3年も続けて呼んでくれてありがとう!バックヤードもロックインジャパンみたいに豪華だから楽しんで帰ります。全然関係ないけどフォーリミに贈ります」

 

と披露された「Departure」の歌詞がまさにSHANKのやり方だなーと感心させられました。

 

色んなジャンルが混ざり合うこのフェスでもいつも通り、変に周りも意識しないし背伸びもしないし、30分強で14曲叩き込むテンポ感もいつものSHANK。

 

このブレなさが3年続けて呼ばれる所以だと感じました。

 

 

終盤2ビートのファストチューンを畳みかけた後、

 

「短い曲やり過ぎたから最後バラードやって帰ります!」 

 

とラストは珠玉のバラード「Submarine」を投下!

 

絶対これだろ!って思ったけど最高でした。

 

 

youtu.be

 

SIX LOUNGE (LAND STAGE)

セットリスト

M1. 俺のロックンロール

M2. STARSHIP

M3. メリールー

M4. プラマイゼロ

M5. トラッシュ

M6. 僕を撃て

 

1曲目「俺のロックンロール」の歌詞をそのまま借りますが、まさに汗と感情と愛しさが弾け飛ぶライブを見せてくれたSIX LOUNGE。

 

対バンを飛び越えていきなりYON FESに呼ばれるだけの地力と、次世代のスターの風格を漂わせ、最後まで曇りを晴らすような熱演でした。

 

「ライブハウスで対バンしたことは無いけど、この大事な場所に呼んでくれたということは、そういうことだと思ってます。YON FESと04 Limited Sazabysに愛を込めて」

 

こう告げて披露された「メリールー」が、曇天のLAND STAGEに青々しく響き渡っていました。

 

ライブハウスが似合うバンドって、結局フェスの大きいステージも似合っちゃうんだよなーなんてことを思いました。 

 

 

 

youtu.be

 

キュウソネコカミ (SKY STAGE)

セットリスト

M1. Squall (04 Limited Sazabysカバー 1コーラス)

M2. ビビった

M3. ファントムヴァイブレーション

M4. メンヘラちゃん

M5. ギラギラおじさん

M6. TOSHI-LOWさん

M7. ハッピーポンコツ

M8. The band

 

昨年は「swim」をカバーし、セイヤさんがステージに向かってクラウドサーフするというパフォーマンスで盛り上げたキュウソ。

 

皆勤賞は他に2組いるけど、「SKY STAGEに3年連続出演」しているのは何を隠そうこのキュウソだけなんです。

 

今年は「Squall」をSEに登場し、そのまま同曲を1コーラスカバーという形でフォーリミ愛を届けました。

 

以降は事前の宣言通り新曲がとても目立っていました。

 

モリコロパークにちなんだ謎のナレーションから上裸にキラキラのジャケットを羽織ったセイヤさんが歌い上げた「ギラギラおじさん」

  

そして上着の脱いだ身体に書かれていた次の曲「TOSHI-LOWさん」では本物さながらフロアに突入。

 

 

「ライブ楽しいな!!」

 

と最後に披露されたのは今月末リリースされる新曲「The band」

 

「ロックバンドでありたいだけ」「心の底からぶち上がりたい」と歌うその姿が、フォーリミがこのフェスで伝えたいバンドマン精神なんだなと思いました。

 

youtu.be

 

teto (LAND STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411161621j:plain

セットリスト

M1. 高層ビルと人工衛星

M2. 拝啓

M3. 暖かい都会から

M4. 9月になること

M5. 忘れた

M6. Pain Pain Pain

 

前評判通り、感情と衝動だけで突き動かされているようなヤバいライブを見せてくれたteto。

見栄えも飾り気も全くなく叫ぶように歌い、暴れるように楽器をかき鳴らす姿にただただ圧倒されました。

  

「忘れたくない過去、忘れたい過去、忘れたいけど忘れないことで強くさせてくれる過去、全部背負っていきます。」

 

と披露された最新シングル「忘れた」で歌われた生々しい過去の屈辱的なシーン。

 

そして、

 

「沢山の人を傷つけるけど、その分沢山の人を愛したい」

 

とラスト「Pain Pain Pain」で矢のようにグサグサと投げつけられた言葉の数々。

 

 

自分の痛みを吐き出すことで誰かが勇気付けられるなんて悲劇的だけど、それが出来るロックバンドこそステージでは輝くんですよね。

 

忘れた

忘れた

  • teto
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ORANGE RANGE (SKY STAGE)

セットリスト

M1. チラチラリズム

M2. 上海ハニー

M3. Supecial Summer Sale

M4. SUSHI食べたい

M5. 以心電信

M6. イケナイ太陽 (ゲスト: 04 Limited Sazabys GENさん)

M7. キリキリマイ

 

4月の冷えた野外フェスに沖縄から夏を持ってきたORANGE RANGE。

 

お茶の間で何度も流れた誰もが知ってるヒットソングも、最近の曲でも同じようにフロアを盛り上げるライブ巧者っぷりを存分に感じさせられました。

 

何というか、盛り上がり方がすごいわかりやすいし、観る人を選ばないから、フェスのORANGE RANGEは向かうところ敵無しだなーと。

 

後半「イケナイ太陽」でゲストでフォーリミのGENさんがステージに登場した時に、曲名通りSKY STAGEが一気に晴れ渡ったというプチミラクル。

 

直前で雨予報が変わったり、「やっぱりこのフェス何か持ってるな」と思いました(笑)

 

 

イケナイ太陽

イケナイ太陽

  • ORANGE RANGE
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

yonige (LAND STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411161737j:plain

セットリスト

M1. さよならプリズナー

M2. our time city

M3. センチメンタルシスター

M4. ワンルーム

M5. アボカド

M6. さよならアイデンティティー

 

牛丸「GENくんが袖で見てるといつもより背筋がピンとするので有り難いです」

ごっきん「急に晴れだして、ウチらには似合わへん!きっとお天道様が脂肪を燃やしにきたんやなー!女にはやらねばならん時がある!!」

 

と相変わらず気合い入ってるのか気が抜けてるのか掴めないMCが印象的でした(笑)

 

ただそれはフェスの大きなステージも慣れたもんじゃいという余裕の表れだと思うし、

昔の曲も遠くまで飛ばせているし、演奏している姿も迫力が格段に増してるんですよね。

 

 

牛丸ちゃんの歌声には感情込めて遠くに伝えられるノビがあるなーと思いました。

後ろ向きなyonigeの曲が多くの人に届いているのも納得出来る。

 

 

実はそれをモロに感じたのがリハでやった「笑おう」で、最終的に前向きなメッセージを贈れるバンドになったら良いなと。本編でもないのに1人グッと来てました。

 

笑おう

笑おう

  • yonige
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

THE ORAL CIGARETTES (SKY STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411161954j:plain

セットリスト

M1. 狂乱Hey Kids!!

M2. カンタンナコト

M3. 通り過ぎた季節の空で

M4. Uh...Man

M5. CATCH ME

M6. BLACK MEMORY

M7. ReI

 

 

「フォーリミは光を与えてくれるけど、オーラルは闇を与えにきました!」

 

と2年ぶりにYON FESに帰って来たTHE ORAL CIGARETTES。

今となってはフォーリミと1番競り合ってる良きライバルだと思っています。

 

序盤から投下されたキラーチューン「狂乱Hey Kids!!」「カンタンナコト」でラウドバンド顔負けの盛り上がりを見せたかと思いきや、

 

 

「春って別れとか後悔とか、切ないコトも沢山あると思います。ライブではそういう切ない部分を無くしたいし、こうやって場所を作ってくれたフォーリミのために春の曲を。」

 

とフェスはおろかワンマンでも滅多に披露しないレア曲「通り過ぎた季節の空で」で拓也さんの歌声にじっくり浸る。

 

 

心の闇だったり、負の感情に向き合えば向き合うほど、誰かに闇も光も見せれるということを、ここ1~2年のオーラルから教わった気がします。

 

ラストを飾ったのはそんな彼らだからこそ歌える光の歌「ReI」

 

現場でしか味わえない瞬間的な感動も、「明日に残したいもの」だからこうして言葉に記録してるんだよなと改めて気づかせてもらいました。

  

ReI

ReI

  • THE ORAL CIGARETTES
  • ロック
  •  
  • provided courtesy of iTunes

 

四星球 (LAND STAGE)

セットリスト

M1. 妖怪泣き笑い

M2. クラーク博士と僕

M3. 鋼鉄の段ボーラーまさゆき

M4. swimたいやきくん

M5. Mr.Cosmo

 

U太さんとまさやんさんがミッキーミニーに扮して、モリスさんがモリゾーになりすまして始まった「四フェス」「ディズニーランドステージ」のヘッドライナー四星球!!

 

 

 

、、、こればかりは言葉で伝えるのがバカバカしいので、これ見てって感じです(笑)

 

リュータさんのバルーンがフロアを飛び回ったり、

サビだけ「およげ!たいやきくん」の歌詞に変わった「swimたいやきくん」を披露したり、

 

その間には「四星球今日の出演者の中で最年長なんですけど、若いバンドのライブを見てグッと来た」

的なMC(中身が濃すぎて詳しくは覚えてません...)から披露された「クラーク博士と僕」がエモかったり。

 

「俺たちがフォーリミにバトンを渡すんじゃなくて、このバトンみんなに渡すから、みんながフォーリミに繋いで!」

 

とラストは「Mr.Cosmo」の「UFO〜UFO〜UFO〜降りてこい」に合わせて、

「フォーリミテッド〜サザビーズ〜もうそろそろ〜始まるよ」の大合唱でメンバー共々SKY STAGEに民族大移動してそのまま終了(笑) 

 

愛と笑いが絶えない「四→04」のバトンリレーでした。

 

 

Mr.Cosmo

Mr.Cosmo

  • 四星球
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

04 Limited Sazabys (SKY STAGE)

f:id:ysugarrrrrrr:20180411162059j:plain

セットリスト

M1. My HERO

M2. Warp

M3. swim

M4. Remember

M5. fiction

M6. mahoroba

M7. midnight cruising

M8. hello

M9. Buster call

〜アンコール〜

EN1. Terminal

 

「大人になっていくに連れて、妥協点を見つけたり、努力しないこと楽することを覚えてしまう。でもこのフェスは"これがやりたい!これじゃなきゃ嫌だ!"ってハッキリ言って、作り上げた場所」

 

「でもどんなに良い場所を作って出演者を呼ぶだけでは成り立たない。来てくれるみなさんが主役です。」

 

「tetoとかSIX LOUNGEとか若いバンドが大事なことを思い出させてくれた。忘れてしまった大事なもの、軸がブレそうになった時に大事なものを取り戻せる場所にしたいと思います!」

 

この一連のMCから本編最後の曲。

GENさんが1人で歌い上げる姿を見て、自然とこみ上げてきたものがポロポロこぼれ落ちる。

 

本サビになだれ込む前に放った言葉

 

 

「今から空気が変わる瞬間を感じて下さい!」

 

 

その瞬間にありったけの感情と熱を爆発させたくて、今年もここまで来たんだった。

 

 

 

 

Buster call

Buster call

  • 04 Limited Sazabys
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

感想

f:id:ysugarrrrrrr:20180411162351j:plain

3年目のYON FESで僕は昨年に続いて2度目の参戦になったわけですが、

「今年もここに帰って来れた」という感覚がとても大きかったです。

 

 

今年は若い世代のバンドも多く出演してある種の登竜門みたいになるのかなーと思ったり、

一方で同世代のバンドがお互い成長を確認し合って結束とライバル心をより強くさせる機会になったり。

 

 

年に1度ロックバンドが大型フェスを行うということが、主催の04 Limited Sazabys以外にとっても大きな意味を持っている、「みんなのYON FES」になっていることが、一ファンとしてとても嬉しく頼もしく思えました。

 

 

もう終演して日にちが空いてしまいましたが、2日目のライブレポートも急いで作っているので、もう少しお待ち頂けると幸いです...!!