SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

04 Limited Sazabysの日本武道館ライブDVDを見て

f:id:ysugarrrrrrr:20170624143123j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

もちろん手に入れましたよ。04 Limited Sazabys日本武道館ワンマンのライブDVD。

もう発売から数日が経ちましたけど、これを見て自分のフォーリミに対する愛を再確認することが出来ました。

 

 

詳しくは当日参加したライブレポートにも書いたので、

映像を見た感想を手短に残しておきたいと思います。

 

ライブDVDの感想

名古屋代表から日本を代表するロックバンドになるために武道館のステージに立ったフォーリミ。

ただそこで見せてくれたのはいつも通りの4人でした。

 

全33曲という曲数はライブバンドとしてここまでやってきた姿勢を崩すことなく武道館までたどり着いた象徴。

日本のロックの聖地をいつものライブハウスの空気に染め上げました。

 

DVDを見ていて特にその空気感を感じたのは、

スタンディングのアリーナに身体を張って混じっていたカメラの映像。

4人が放つ音の一瞬一瞬に最大級のエネルギーで応えるフロアの熱量と衝動をリアルに映し出していて、とてつもない臨場感に溢れていました。

 

全曲全シーンが見所なのはもちろんですが、

 

・バンドの辛い時期を支えてきた昔の曲が中心だった「Grasshopper」からのブロック。

・これまでの道のりを振り返り感極まったGENさんのMC、それに続く「Horizon」からの本編最後のブロック。

・ロックシーンの頂点を目指すことを改めて宣言したアンコール。

 

この3箇所は特に印象的でした。実際に会場でも感動的な場面でしたが、後から映像で見ても同じようにグッときましたね。

 

日本代表になるまでついて行く 

 

武道館ワンマンはあくまでこれから始まる快進撃のスタート地点。

以降は4月に行われた2年目の「YON FES」に始まり、全国各地の大型フェスでもメインステージを任される機会が増え、現在進行形で快進撃は続いています。

 

僕が思う今の04 Limited Sazabysの1番の魅力は、「人を巻き込む力」にあります。

僕たちリスナーはもちろんですが、

他のバンドに対してジャンルも先輩後輩も関係なくライブの現場に巻き込んでいく力が圧倒的に強いです。

 

上の世代にはリスペクトを示し、同世代とはバチバチにやり合い、

下の世代には希望の光を照らす。

 

夏のツアーの対バンなんかは特にフォーリミ自身が引っ張っていきたい後輩バンドが多くて素晴らしいラインナップだと思いました。

 

そしてライブで出会ったカッコ良い音楽を「YON FES」を通じて広く伝える。

 

彼らの作る音楽と、音楽に向き合う姿勢と言葉は、

日本のロックシーンを希望に満ちた明るい未来に導いてくれると信じてるので、

僕はこれからも安心してついて行きます。

 

今回のライブDVDを見て再認識しました。やっぱりこのバンドに対する思い入れは他と比べてひときわ強い。

正真正銘これからの日本代表のロックバンドになるのは、君以外に何もないだろ。