SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

【エルレ復活】自分のロックの原点、伝説のバンドELLEGARDENが帰ってきた

f:id:ysugarrrrrrr:20180510213045p:plain

ついに、ついに、、、夢にまで見ていたこの時が...!!

活動休止から今年で10年、僕の中では伝説のロックバンド、ELLEGARDENがついに復活!!

 

 

5月10日、午後6時過ぎ、ツイッターを開いたら衝撃のニュースが。

 

SNSのタイムラインは、ロック好きの方も、そこまでロックに深入りしてなさそうな方も、「エルレ復活」の一色に染まっていた。

 

僕は今1番追いかけているロックバンドの結成10周年ライブを観に、大阪へと向かっている飛行機の中で、この文章はただ勢いに任せて書いている。

まさかこのタイミングで、逆に10年間止まっていたロックバンドが帰ってくるとは。

 

本当は真面目に読書したり、別のことでも書こうと思ってたけど、そんなんは今は頭からぶっ飛んでしまった。

きっと長文になると思いますが、お付き合い頂けると嬉しいです。

 

とにかくELLEGARDEN復活の喜びを共有したい!!

 

出会ったのは活動休止の直後だった

きっかけはあんまり覚えていないけど、

アイドルグループとかシンガーソングライターとかバンドとかポップとかロックとかそんな括りも全く知らずに聴いて来た13年間を過ごして、

僕が初めて「ロックバンド」と認識して聴いた音楽だ。

 

中学2年、2008年の冬のこと。

 

周りのみんながちょっと知らなさそうな、カッコ良いものに触れたかったんだと思う。

 

ロックって響き、なんかイイよな。

と思って、YouTubeでライブの映像を見たんだよな確か。 (今となっては違法アップロードだが、そんなことは当時の自分は知らず)

 

最初に聴いたのは「Supernova」だったと思う。

 

Supernova

Supernova

  • ELLEGARDEN
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

良くある言い回しかもしれないけど、全身に衝撃が走った、はず。

 

そして「これがロックってやつか」と。

今となっては中じゃなくて完全に厨のやつだ。

 

それからしばらくは毎日のようにYouTubeの動画に食らいついて、地元のレンタル屋さんにアルバムを借りに行ってiPodで聴きまくった。

 

歌詞なんて知ったこっちゃない、今もあんまりわかっていない。カッコ良い以外に何もない。

でも気づいたら何曲も歌えるようになっていた。英語詞は空耳だったけど。

 

それから今に至るまで、携帯電話のメールアドレスには必ず"rock"を入れるようになった(笑)

 

10年前、2008年の冬、ELLEGARDENの音楽に出会ったことが、紛れもなく自分にとってのロックの原点。

 

そう、2008年の冬。

 

僕がロックの原点に触れた数ヶ月前に、バンドは活動を休止していたのだ。

 

だから僕はリアルタイムで活動している時のELLEGARDENを知らない。

過去の映像や文章でしか知り得ない、言わば伝説の存在だった。

 

活動休止の期間もロックとは何かを教えてくれた

月日が経ち、高校・大学と受験シーズンもエルレの曲ばっかり聴いて勇気をもらった。

 

高校の3年間はアイドルにハマったりもして、

僕が再びロックの熱を取り戻したのは、活動休止からちょうど5年が経った頃。

 

伝説のバンドのメンバーはそれぞれ別のバンドでバリバリ活動していた。

中でもthe HIATUS、MONOEYES、Nothing's Carved In Stoneはワンマンも含めて何度もライブに足を運んできた。

 

特にthe HIATUSで歌われる細美さんの言葉は、周りに上手く馴染めず、合わせることもせず、どことなく閉塞感を感じていた自分にとても響いた。

 

悲痛な叫び、人の影の部分を、芸術的に時に激情的に表現する姿に心を打たれた。

 

影があってこそロックは光り輝く。

人の内側に迫り、曝け出すのがロックだ。

 

カッコ良いだけじゃない。楽しいだけじゃない。

 

震災復興支援には今も特に精力的に動いている。

 

人間らしさという点でロックを感じることが出来た。細美武士さん、唯一無二の素晴らしいバンドマンだ。

 

ロックの日に伝えたい、細美武士さんのロックな10年間 - SUGAROCK-FESTIVAL

 

ただ、伝説が復活することに関しては、ほとんど耳にすることはなかった。

 

毎年、活動が止まった9月7日に、細美さんは毎年ブログを更新していたが、具体的な話には踏み込まず。

でも「誰よりも復活を望んでいる。それがいつになるかわからない」そう書いてあった。

 

12月3日の骸骨祭りでELLEGARDENは復活するのか - SUGAROCK-FESTIVAL

 

ちょうど僕がブログを始めて間もない頃には、あるロックフェスに、ELLEGARDENのメンバーが全員揃ったこともあったが、復活の予兆は一切無かった。

 

 

2018年、活動休止からちょうど10周年。

この1年、細美さんはthe HIATUS、MONOEYESともにアルバムの制作はしないと語っていた。

でもそれだけでは復活だなんて決めれるものでも無かったし、

今は夏までMONOEYESのツアー、最近はthe HIATUSのツアーについて言及があったとかないとか。

 

活休と逆に結成10周年となったNothing's Carved In Stoneは10月に日本武道館でライブがある。

 

節目の10年だからといって、やすやすと復活なんてしないだろう。

 

完全にノーマークだった。こんなタイミングでまさか。

 

 

 

2016年にはHi-STANDARDの十数年越しのリリース、翌年はアルバムリリースに全国ツアーで日本のロックシーンは大きく盛り上がった。

 

そして、「ハイスタ復活の次は」と期待に胸を膨らませていた人達も沢山いただろう。

 

 

やっと、俺たちが待ちわびた瞬間。

 

ニュースを見て、驚きと動揺が感動を上回って、涙こそ出なかったが、大勢の人で賑わう成田空港で1人舞い上がってしまった。

 

 

人生の中でも特に大きな夢が叶うかもしれない

「ELLEGARDENのライブを観る」

 

僕の「人生でやりたい100のリスト」の最初の方にも書いたことだ。

もはや人生の中での大きな夢の1つになっていた。

 

それが、もしかしたら叶うかもしれない。

 

ライブを観る。生で、現場で それこそが1番の夢。

そんな日が続けば自分の人生に悔いなんて無いのかもしれない。

 

そして今この瞬間、ひょっとしたら今までの人生で1番、「生きてて良かった」と思えた瞬間かもしれない。

 

 

ロックバンドなんかに出会って、ロックバンドなんかを好きになって、本当に良かった。

 

ELLEGARDEN、復活おめでとうございます。

そして、僕らの期待に応えてくれて、本当にありがとうございます。

 

 

復活ライブ、是非とも、いや絶対行かせて下さい!!!

 

そして、全員を笑顔にして下さい。

 

 

そう思ってる方が何十万人何百万人いるかわかんないから、ひとまずみんなでこの喜びを共有したいですね。

 

これを読んで下さった方、感想、ELLEGARDENへの思いを是非ともお待ちしてます。

 

 

あ、肝心の復活ライブの詳細とかすっかり忘れてた。 ここ見て下さい!笑