SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

邦楽ロック好きの大学生が選ぶ2016年のベストアルバム10選

f:id:ysugarrrrrrr:20161219210447j:plain

どうも、皆さんに認められる音楽好きになりたいSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

12月も後半に突入して、いよいよ年末って感じがしてきましたね。

というわけで僕も年末っぽいことをやっていこうと思います(笑)

 

この記事では「2016年にリリースされたフルアルバム」から僕が選んだ名盤10枚選んで特集していきます。

 

皆さんもこの記事でこの1年間を振り返って頂ければと思います。

そして新たな音楽に触れるきっかけにもなればと思っております。

 

では早速行きましょう!

僕が選ぶ2016年のベストアルバム

04 Limited Sazabys 「eureka」

youtu.be

メジャー・通算2枚目のフルアルバム。

メロコアシーンで成長してきた彼らがジャンルや既成のイメージに捉われず

04 Limited Sazabysという1つのバンドの音楽を確立したアルバムであるとともに、

名古屋から上京して名古屋代表から日本代表になることを決意したアルバムでもあります。

曲はこれまでになく明るく前向きな歌詞のものが多く、

「俺たちがリスナーも周りのバンドも巻き込んでシーンを引っ張ってやる」という覚悟がひしひしと伝わってきます。

このアルバムがリリースされ開催中のツアー、そして来年2月に控えた日本武道館ワンマンまでの道のりと上述したバックグラウンドも相まって今年1番僕の感情を揺さぶった名盤です。

MVは1曲目「Horizon」 

アルバムを1周聴いて2周目に聴くこの曲がグッときます。

 

他のオススメ曲はこちら!

climb

climb

  • 04 Limited Sazabys
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Night on

Night on

  • 04 Limited Sazabys
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

My Hair is Bad 「woman's」

youtu.be

メジャー1枚目、通算2枚目のフルアルバム。

ライブハウスシーン、フェスシーンで今年1番ブレイクしたと言ってもいいでしょう。

人気急上昇中のバンドの勢いとボーカル椎木さんの等身大な部分を共に感じることが出来ます。

マイヘアといえば恋愛の歌というイメージがつきものですが、そのような曲もひっくるめて感情をそのままストレートに吐き出す「生々しさ」がこれからも多くの人を惹きつけることになりそうです。

日比谷野音公演を含めたアルバムのリリースはほぼ全ての公演が即日ソールドアウト(僕も取れませんでした・・・)

これからも躍進を続けるであろうマイヘアの挨拶代わりには十分過ぎる1枚です。

MVは1曲目「告白」

 

他のオススメ曲はこちら!

音楽家になりたくて

音楽家になりたくて

  • My Hair is Bad
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

真赤

真赤

  • My Hair is Bad
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

[Alexandros] 「EXIST!」

youtu.be

メジャー2枚目、通算6枚目のフルアルバム。

今年はついにお茶の間も席巻し始めた[Alexandros]

主題歌やテーマソング等のタイアップがついた曲が多く収録されている一方で新録曲はジャンルにとらわれずとにかく自由で振り切れてるものばかり。

今の[Alexandros]なら何をやっても許されるし、誰にも真似できないことをやっていると思います。

干支と彼らの大ヒット曲を掛ければ来年はまさに[Alexandros]年になるのではないでしょうか。

ワンオクの次に世界に羽ばたくのはこのバンドに違いありません。

MVは1曲目「ムーンソング」

 

他のオススメ曲はこちら!

クソッタレな貴様らへ

クソッタレな貴様らへ

  • [Alexandros]
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

Swan

Swan

  • [Alexandros]
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

Nothing's Carved In Stone 「Existence」

youtu.be

通算8枚目のフルアルバム。

常に完璧さが求められるであろうNCISが今年もその期待を上回ってきました。

アルバムタイトからもわかるように、自らの「存在」に対する問いかけと答えを提示してくれる拓さんの歌が優しくそして力強く、説得力を持って伝わってきます。

スタープレイヤーが揃うモンスターバンドでありながらシンセやピアノなどの音も積極的に盛り込んでいることも特徴の1つ。

あくまで1つの音楽としての完成度を高めたいという思いと、メンバー同士がお互いの演奏をリスペクトし合っているからこその取り組みだと感じました。

MVは2曲目「Like a Shooting Star」

その他のオススメ曲 「Overflowing」「Our Morn」「Adventures」

 

MAN WITH A MISSION 「The World's On Fire」

youtu.be

通算4枚目のフルアルバム。

前作はコンセプトアルバムと明確に位置づけていましたが、今作もとてもメッセージ性の強いアルバムだということを音源から、そしてリリースツアーから感じました。

先行きが不穏にも感じる今の世界情勢、今年も国内各地を襲った災害に対して積極的に行動を起こしているMWAMが音楽を通じてその姿勢を示したように思いました。

アルバムタイトルもこの広い世界ではちっぽけな存在だけどそんな僕らが心に火を灯して世に訴えかけたり行動を起こすことの大切さを説いてくれているように感じます。

楽曲はどれもバンドのスケールの大きさを感じさせる曲ばかりです。

MVは10曲目「Memories」

 

その他のオススメ曲はこちら!

Seven Deadly Sins

Seven Deadly Sins

  • MAN WITH A MISSION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ワンダーランド

ワンダーランド

  • MAN WITH A MISSION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

the HIATUS 「Hands Of Gravity」

youtu.be

通算5枚目のフルアルバム。

同期や電子音を取り入れた前作の流れを踏まえて更に音の美しさを研ぎ澄ませた作品。

昨年から細美さんがMONOEYESとしても活動するようになったがこれは細美さん以外のメンバーにも好影響を及ぼしているようで、

細部まで作り込まれた音楽でありながらバンドとしての雰囲気もしっかり感じられるし、ミドルテンポの曲においてもライブ感を感じることが出来るアルバムです。

つまりハイエイタスの真骨頂はやはりライブということで、来年はライブハウスで観れる機会を増やしたいところです。

MVは4曲目「Bonfire」

 

その他のオススメ曲はこちら!

Geranium

Geranium

  • the HIATUS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Radio

Radio

  • the HIATUS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

ストレイテナー 「COLD DISC」

youtu.be

メジャー9枚目のフルアルバム。

フロントマンのホリエさんが自ら「ストレイテナー史上最高のポップアルバム」と称するように曲はとてもポップでシンプルでストレート。

だからこそ誰でも聴きやすいアルバムだと思います。これだけキャリアを積んでいるバンドが今このようなアルバムを出せるのはスゴイです。

このアルバムはホリエさんの歌声とそのメッセージ性が注目されますが、テナーの1番良い所は歌っている内容の普遍性だと思います。

何気ない日常の1シーンを切り取ったような歌詞が多く、その切り取り方がとても綺麗で心地よくて僕はすっかり虜になってしまいました。

このアルバムをきっかけに昔のアルバムも深堀りしていって欲しいです。

MVは2曲目「シーグラス」

 

その他のオススメ曲はこちら!

原色

原色

  • ストレイテナー
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

Dark City

Dark City

  • ストレイテナー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

RADWIMPS 「人間開花」

 

youtu.be

通算8枚目のフルアルバム。

今更ブレイクなんていうようなバンドではありませんが、今年の下半期は常にこのバンドがフィーチャーされ続けてましたよね。

僕は中学〜高校とバンプアジカンエルレを聴いて育ってきたのですが、

RADWIMPSだけは一癖二癖あってどうもハマりきらなかったんです。

ただこのアルバムを聴いて思ったのはRADWIMPSは思ってた以上にストレートなロックバンドだったということ。

「君の名は」の制作直後にこれだけ完成度の高いアルバムを出せるのは本当にスゴイ。

おかげで過去のアルバムも違和感なく聴けるようになりました。

今はこのバンドと一緒に年を越せるのが楽しみで仕方ありません。

MVは2曲目「光」

 

その他のオススメ曲はこちら!

  

トアルハルノヒ

トアルハルノヒ

  • RADWIMPS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

棒人間

棒人間

  • RADWIMPS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

SUPER BEAVER 「27」

youtu.be

現レーベル移行後3枚目のフルアルバム。

タイトル「27」はおそらく年齢のことでしょう。

バンドマンとして、そしてひとりの大人として生きていくにあたって岐路に立ちそうなタイミングなんだと思います。

SUPER BEAVERはロックバンドとしてこれまで以上にまっすぐに音楽と向き合うことを選んだ。

アルバムを通じてその思いがこれでもかというくらい伝わってきました。

メジャーでの挫折を味わった彼らだからこそ鳴らせる音楽は今多くのリスナーの心に響いています。

MVは4曲目「うるさい」

 

その他のオススメ曲はこちら!

 

27

27

  • SUPER BEAVER
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

素晴らしい世界

素晴らしい世界

  • SUPER BEAVER
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION 「ソルファ(2016)」

youtu.be

通算9枚目のフルアルバム。

結成20周年のアニバーサリーイヤーということでバンド最大のヒット作を再レコーディングしたのが今作。

再録盤だということを承知の上でここに載せたのは、アジカンを聴いて育ったバンドが今シーンの中心で活躍しているということを、このアルバムを聴いたことで改めて実感したからです。

かくいうアジカンも今なおシーンの中心を担う存在であるのは間違いないし、これからも世代を超えて日本のロックのスタンダードとして語り継がれることになるでしょう。

今だからこそ聴くべき歴代のヒットナンバーが今のアジカンによって音源化されるのはとても価値のあることだと思いました。

MVは2曲目「リライト」

 

その他のオススメ曲はこちら!  

君の街まで (2016)

君の街まで (2016)

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Re:Re: (2016)

Re:Re: (2016)

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

まとめ 

いかがだったでしょうか。

10枚選んでみたんですけど、僕自身も思ってた以上に無難っていうか意外とフツーでした(笑)

ただどれも胸を張ってオススメできる傑作アルバムです。

 

一応上からランキング形式だと思って頂いて大丈夫ですが、1位フォーリミと2位マイヘアはすぐ決まったんですけど他はそこまで深く考えてないです(笑)

 

この1年を振り返るとともに、僕が好きな音楽がどんなのかというのも知って頂きたいという思いもありました。

 

これからも多くのCDを聴いてこのブログで紹介していくので是非チェックしていって下さい!