SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

ロックバンドのアイドル化より「アイドルがロックバンド化する」時代がやって来た

f:id:ysugarrrrrrr:20170629175043j:plain

「ロックバンドのアイドル化」って耳にしたことありませんか?

メジャーで知名度も上がってテレビにも出るようになると、

「顔ファンが増えた」だの

「もはやアイドル」だの言われたりします。

 

最近だとKから始まりKで終わるバンドとか...(笑)

 

もちろんロックバンドの本分はロックバンドなので、メンバーのビジュアルとかキャラクターに目が行き過ぎるのはあまり好ましくはないですよね。

 

SNSが普及して、YouTubeでMVを見るのが当たり前になった今、メジャーに出たバンドは特に売り出し方が変わっていると思います。それは時代の変化によるもので必然です。

 

それでもライブを観たらちゃんとカッコ良いバンドとしての姿を見せてくれるので、今のところは人気になったからといって距離を置くようなことは無いです。

 

そんな「ロックバンドのアイドル化」が話題になった昨今ですが、

実は今注目されているのはその真逆の現象。

 

つまり、「アイドルのロックバンド化」が起きているのです。

 

ライブやフェスが大人気の現在、ロックバンドよりもガンガンに盛り上げるアイドルがメキメキと頭角を表しています。

 

アイドルのロックバンド化

ここ数年で音楽フェスのラインナップにアイドルグループの名前が連ねられることが増えましたよね。

ロックバンドだけじゃないジャンルの多様化を推し進め、アイドルのライブをライブキッズが観ることで化学反応を生み出しています。

 

先陣を切ってこの流れを推し進めたのは、例えばでんぱ組.incとか。

youtu.be

各地の大型フェスに積極的に参戦し、数年かけてフェスのメインステージまで自力で這い上がってきました。

僕も何度かフェスで観たことがありますが、フロアの盛り上がりも一体感も圧倒されるものがありました。

フェス以外でもロックバンドとの対バンツアーも昨年一昨年と行ってましたね。

昨年はあのBRAHMANとも対バンしてました(笑)

 

ホリエアツシ×最上もが対談 どうやったら社会とうまくやれる? - インタビュー : CINRA.NET

 

 

去年のこちらのインタビュー記事がかなり印象的で、

ジャンルは違えど同じライブ活動をメインにしている以上、楽しさでは絶対負けないという思いが伝わってきました。

 

 

このアイドルのロックバンド化、今年に入って更に勢いづいています。

特にスゴイのがこれから挙げる2組。

 

まずは「新生クソアイドル」改め「楽器を持たないパンクバンド」のBiSHです。

youtu.be

以前からこのブログやTwitterでは何度か取り上げてますが、ライブキッズは簡単にハマるんじゃないかと思いますね。

ライブのパフォーマンスもそうだし、詞も人としてもとてもパンクな部分を感じます。

 

昨年のメジャー1stアルバムはバンドマンの中でもかなり話題になったようで、

一時期アイドル呼ばわりされた(?)バンドマンも絶賛してました(笑)

 

 

今年の夏は僕の敬愛する04 Limited Sazabysのツアーにも呼ばれましたし、

ライブ活動のスタンスとしてはもはやロックバンドと遜色ないです。

 

先日リリースされた新譜も好調に売れているみたいだし、こちらも攻めてる曲が多いですね。

 

そしてもう1組、BiSH以上に激しいライブで話題を集めているのがPassCodeです。

youtu.be

年明けくらいにヤバいヤバいと聞かされてチェックしてみたら想像のはるか上を超えてました。

アイドルとは思えないぐらい声荒げてるし、ライブでこんなにフロアが無法地帯になっているとは。。。

バンド全体で見てもこれだけフロアが盛り上がるライブってなかなかありませんよ。

 

そんなPassCodeはこの前Fear, and Loathing in Las Vegasの企画イベントに呼ばれて注目を集め、

現在もロックバンドとの対バンツアーを行っている真っ只中です。

 

そして、BiSHもPassCodeもメジャーデビューしていますが、ロックバンドと同じように全国のライブハウスを中心に長いツアーも回ってますし、

更に最近はどちらもバンドセットの生演奏をバックにつけているぐらいですから、

これはもう「ロックバンド化したアイドル」といっても何らおかしくは無いでしょう。

 

ロックバンドを煽る活躍を期待します

CDが売れなくなって、リスナーが音楽に求めているのは「体験」です。

音楽活動の中心がライブやフェスに移り、各メディアのフェスの特集で今は幅広い層にロックバンドが知れ渡るようになりました。

相対的にロックバンドの存在感が増している実感はやっぱりありますよね。それに関しては当然嬉しいです。

 

ただそれでは他のアーティストが黙っていないですよね。

これまで歌番組によく出ていたようなグループやアイドルがフェスの場を借りてロックバンドに勝てるライブをやってやろうという流れも出来て当然です。

今年の夏フェスなんかはその傾向が更に顕著に現れていると思います。

 

こうした流れがあって、今回テーマにした「アイドルのロックバンド化」というわけです。

 

今回紹介したアイドルは既にバンド顔負け、もはや上回るぐらいのライブパフォーマンスを見せていますし、

この流れでもっとバンドマン達の危機感を煽る活躍をしてくれれば、ロックバンドとの間にも良い相乗効果が生まれるのではないかと期待しています。

 

僕は邦ロックブロガーを名乗っているぐらいなのでもちろんロックバンドが1番であって欲しいですが、

今後はジャンルを問わず自分がカッコ良いと思うライブを求めていきたいですね。