SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

フェスシーズン後のライブマナー問題に物申す

f:id:ysugarrrrrrr:20171108184740j:plain

最近ライブに行っていないので、Twitterなどで流れてくる色んなライブの感想を目にしては羨ましく思っている次第です。

 

が、悪い噂ほど速く伝わるというか、なんだか悪い感想の方が目立って拡散されてる気がしてならない。

 

それ自体はとても良いことです。同じことがこれ以上起きて欲しくないから発信してくれているだろうし、見た人が考えるきっかけにもなりますからね。

 

それに反対する人からあれこれ言われるリスクも承知でよく言ってくれてるなぁって思います。

 

・・・ということで、久々にライブマナー的なことを書きたくなったので書きました(笑)

 

夏フェスが終わったのもあって最近はライブハウスだったり屋内会場ならではの問題が多いと感じています。

 

これまで僕が感じてきたことも踏まえて、最近のライブマナー事情についていくつか取り上げて意見を述べてみました。

 

最近感じたライブマナーに関する問題

1. ライブハウスのサークルモッシュ問題

まずはコレ。きっかけはまたしてもKANA-BOONのワンマンでした。

 

 

まぁバンドによってはむしろサークル作れって煽ることもありますけど、基本的に場所が限られてるライブハウスには向かないと思っています。

 

サークルが出来る度に満員電車で人が乗り降りするみたいな圧迫感を感じるのは外側の人間からしたら不快でしかないです。

 

あとはライブハウスはステージとの距離が近いから、お客さんがサークル作ってステージに背を向けるのはなんだかなーと思う。

 

KANA-BOONに限らずサークルモッシュを好意的に思ってないバンドマンは結構多いです。

 

あとはこの記事に書いたんで是非読んでみて頂きたいです。

  

 

2. 対バンちゃんと観ない問題

次はフェスシーズンが終わった時期だからこそ浮き彫りになった問題かも。

 

10月末のHi-STANDARDのアリーナツアー、04 Limited Sazabysとの対バンライブの感想を見てたら、フォーリミがめっちゃアウェーだったって話が結構出てたんでかなり衝撃だったんですよね。

 

中にはフォーリミ観ないでロビーにいたみたいな話もあったような...

 

どのバンドを観てどう盛り上がるかなんてお客さんの自由なんですけど、

なんだか「対バンには興味ありません」的な雰囲気が伝わってくるのは良くないなーって感じましたね。

 

観て欲しくないバンドを対バンに呼ぶわけないし、そういう姿勢は目当てのバンドの想いにも反してますよってことをわかって欲しい。

 

 

これは逆も然りで、対バン目当てで主催のバンドには興味無いっていうのはもっとタチ悪いかもしれないですね。

 

僕は夏にcinema staffのツアーに参戦してゲストがMy Hair is Badだったんですけど、マイヘアが終わったら颯爽と帰っていったお客さんを何人か見ました。

 

何か用事があったのか真意は不明ですが、にしても結構な数だったんですよねー。

 

まぁ特定のバンドに一途でいられるっていうのもスゴイことだとは思います。でも個人的には羨ましいとは思いません。

 

3. 限られたスペースにおける自由を履き違えている問題

これは1つ目に通じるものがあるし、これまで起こった色々な問題を引っ括めた話なんですけど、ライブハウスにせよ何にせよ、限られたスペースで行われるライブにおいて文字通りの「自由」はやっぱり通用しないものだと改めて思いました。

 

ライブにおける自由=誰もが好きなように楽しむことが出来る。というのはちょっと違う。

 

誰もが好きなように楽しむにはどうしたら良いか

誰かが傷ついたり不満に思うことをしていないか

 

ってことを考えた上で楽しむ必要があります。

 

結局ここの認識の差が全ての問題に通じていると思うんで、あとはどれだけ個人で考えられるか。

 

ライブにおいて時には危険行為とされる文化も根付いていますが、その多くは周りのお客さん一人ひとりの了解の上で成り立っていることを忘れないで欲しい。

 

 

ライブの場において個人のスペースなんてものは無いと思って欲しいですね。

半径1mm以内だとしても全てが周りの人との共有スペースです。

 

 

また、ライブハウスやフェスによっては例えば女性専用エリアや車椅子専用エリアなどを設けてありますが、

それさえも侵害して勝手に盛り上がったり、そのエリアを必要としている方に向けて心無い発言をしていたというお話も伺っています。

 

こういう状態が続いたらライブシーンの未来は見えてこない。

 

僕もまだまだ知識は浅いし、こうして考えを書くだけで行動にはなかなか移せていないので、次ライブを観る時はこういった問題にも目を向けていきたいと思います。

 

今のライブの良い文化がこれから何年何十年も続いて欲しいですね。

 

まとめ

それぞれのバラバラのケースでしたが、最近のライブ事情で良くないなーって思ったことがたまってきたので今回まとめてみました。

 

個人の意見なんで、鵜呑みにして欲しいだなんてこれっぽっちも思ってません。皆さんそれぞれが考えることの方が大事かと。

 

自分のやってることが正しくてカッコ良いと思ってるならそれで良いと思います。

 

僕の考えだって誰かにとってはダサいと思われるだろうし、それで考えが良い方に変わるかもしれないんで、この手のライブマナー的な問題はどんどん考えを発信して欲しいです。

 

僕もライブに足を運ぶうちはこの問題の最適解を追い求め続けます。また書くことが出来たらこのブログで。

 

 

これまでにも色々書いてるんでライブマナーを考える一助になったら嬉しいです。