SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

ROCK IN JAPAN 2018 アーティスト出演ステージ(タイムテーブル)を予想してみた

f:id:ysugarrrrrrr:20180427152440j:plain

 ブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

 

日本のロックフェスの代名詞、ROCK IN JAPAN 2018(以下ロッキン)の第1弾主演アーティスト全18組が発表されました。

(5/12追記:第2弾出演アーティスト発表で新たに53組の出演が決まりました。)

(5/25追記:第3弾出演アーティスト発表で新たに24組の出演&出演日が決まりました。)

(6/8追記:第4弾でライブアクトの全出演アーティストが発表されました。)

(6/19追記:追加出演アーティストが発表されました。)

 

今年は8/4.58/11.12の2週にわたって計4日間開催されます。

 

ここでは今年のロッキンに出演するアーティストの出演ステージ(タイムテーブル)の予想をしていこうかと思います!

 

去年も同じように予想をしていたのですが、まぁ楽しい(笑)

例年ブログやSNSで盛り上がってますね。

 

一個人の予想ですが、参考にして頂ければ幸いです。

  

今後出演アーティストの追加発表に伴い随時更新していきます。

  

ROCK IN JAPAN 2018 ステージ割予想

第1弾では全18組の出演が決定

第1弾では全部で18組のアーティストの出演が発表されました。

 

ラインナップは以下の通りです。

 

UVERworld

Aimer

THE ORAL CIGARETTES

ORANGE RANGE

KANA-BOON

KEYTALK

きゃりーぱみゅぱみゅ

9mm Parabellum Bullet

Superfly

10-FEET

東京スカパラダイスオーケストラ

Dragon Ash

フレデリック

マキシマム ザ ホルモン

松任谷由実

ヤバイTシャツ屋さん

yonige

レキシ

 

常連組から大御所まで、今年のロッキンの中核をなすアーティストがまずは発表されたという印象。

 

Dragon Ashはこれで第1回からの連続出場記録を18年に伸ばしましたね。

 

昨年は第1弾で発表された17組のうち12組がGRASS STAGEに

第1弾で発表されたからとはいえ、この中の全アーティストがメインステージのGRASS STAGEに出演するかというとそうではなさそう。というのが正直な感想です。

 

そこで注目したのが昨年のロッキンの第1弾の出演アーティスト。

 

昨年は第1弾で発表されたアーティスト全17組の内12組がGRASS STAGEに、

残りのアーティストはセカンドステージのPARK STAGEあるいはLAKE STAGEの出演となりました。

 

 

今年の第1弾の顔ぶれを見ると、昨年と同じような配分になってもおかしくないかと。

18組の中から大体12組ぐらいがGRASS STAGEに選ばれるのではないでしょうか。

 

人気実績共に申し分ない18組だと思うので、上位の3ステージのいずれかの出演になることは間違いなさそうです。

 

第2弾で新たに53組の出演が決定

(5/12追記)

5/11に第2弾の出演アーティストが新たに53組発表されました。

 

とてもビックリするような大物の発表はなかったように感じましたが、

例年夏フェスを盛り上げる常連組を中心に堅実なラインナップです。

 

ちなみに、昨年は第2弾で62組のアーティストが発表され、その内10組がメインステージのGRASS STAGEに、そして大半を占める42組がセカンドステージのPARK STAGE、あるいはLAKE STAGEの出演となりました。

 

この比率を今年に当てはめると、

今年の第2弾で出演が決まった53組中、8組程度がGRASS、

40組弱がPARKあるいはLAKEに出演するのではないかという感じです。

 

第3弾で新たに24組の出演が決定&出演日発表

(5/25追記)

5/25に第3弾の出演アーティストが新たに24組とアーティストの出演日が発表されました。

 

昨年も第3弾発表で日割りが発表されたんですね。

 

昨年このタイミングでB'zやポルノグラフィティなどといったメンツが発表されたのと比べると、今年はなかなか堅実というか、ロッキンらしいラインナップなのかなーと感じております。

 

ちなみに、昨年は第3弾の時点で計110組のアーティストが発表され、

その中からGRASS STAGEの出演となったのが全28組中27組、

PARK STAGEあるいはLAKE STAGEの出演となったのが全60組中49組でした。

 

メインステージに出演アーティストの大半はこの時点で出演が決まってたんですね。

 

昨年の傾向も踏まえると、メインステージに出るアーティストは7~8割は固まっているのではないかと考えられます。

 

第4弾でライブアクト全出演アーティスト発表 

(6/8追記) 

6/6にライブアクトの出演アーティストが最終発表されました。

 

残すはBUZZ STAGEで行われるDJアクトのみという形になりそうです。

 

例年通り、最終発表では初登場組や若手バンドの出演決定が目立ちました。

 

他には超有名どころのアイドルグループの出演が発表されて、SNSなんかでは賛否両論があったり、バンドのファンは目線が厳しいなと。僕は全然良いじゃんって思ってるんですが(笑)

 

後は昨年GRASS STAGEに出演したアーティストの半数以上が今年は出演しないということで、メンツが弱いんじゃないかという話も上がってますが、これもなんだかなーと思ってます。じゃあお前にはブッキング出来るのかって(笑)

 

・・・何はともあれ、これで今年のロッキンの出演者のほとんどが決定したということで、タイムテーブルの予想を載せてみました。

 

ひとまずGRASS STAGE、PARK STAGEまたはLAKE STAGE(キャパが同規模)の3ステージの予想です。

 

ROCK IN JAPAN 2018ステージ割予想 8/4(1日目)

太字のアーティストはトリの予想です。

GRASS STAGE(7組)

・UVERworld

・エレファントカシマシ

・THE ORAL CIGARETTES

・キュウソネコカミ

・クリープハイプ

・欅坂46

・10-FEET

 

 

PARK STAGEまたはLAKE STAGE(計15組)

・Aqua Timez (LAKEトリ)

・NGT48

・m-flo

・CAPSULE/中田ヤスタカ

・go!go!vanillas

・coldrain

・SUPER BEAVER

・SPECIAL OTHERS

・東京スカパラダイスオーケストラ

・BIGMAMA

・フジファブリック

・Base Ball Bear

・THE BAWDIES

・MONGOL800

・LiSA (PARKトリ)

 

 

ROCK IN JAPAN 2018ステージ割予想 8/5(2日目)

太字のアーティストはトリの予想です。

GRASS STAGE(7組)

・ASIAN KUNG-FU GENERATION

・きゃりーぱみゅぱみゅ

・Dragon Ash

・マキシマム ザ ホルモン

・松任谷由実

・UNISON SQUARE GARDEN

・レキシ

 

PARK STAGEまたはLAKE STAGE(計15組)

・HY

・Aimer

・奥田民生

・Crossfaith

・サンボマスター

・SKY-HI  & THE SUPER FLYERS

・スキマスイッチ

・sumika (PARKトリ)

・TOTALFAT

・HYDE

・BiSH

・フレデリック

・MY FIRST STORY (LAKEトリ)

・My Hair is Bad

・yonige 

 

ROCK IN JAPAN 2018ステージ割予想 8/11(3日目)

太字のアーティストはトリの予想です。

GRASS STAGE(7組)

・KANA-BOON

・KEYTALK

・ゴールデンボンバー

・NICO Touches the Walls

・MAN WITH A MISSION

・miwa

・ももいろクローバーZ

 

 

 

PARK STAGEまたはLAKE STAGE(計15組)

・androp

・家入レオ

・indigo la End

・打首獄門同好会

・感覚ピエロ

・9mm Parabellum Bullet (LAKEトリ)

・グッドモーニングアメリカ

・清水ミチコ

・チームしゃちほこ

・Dizzy Sunfist

・でんぱ組.inc

・ナオト・インティライミ 

・ポルカドットスティングレイ

・Mrs. GREEN APPLE (PARKトリ)

・夜の本気ダンス

 

 

ROCK IN JAPAN 2018ステージ割予想 8/12(4日目)

太字のアーティストはトリの予想です。

GRASS STAGE(7組)

・ゲスの極み乙女。

・サザンオールスターズ

・Superfly

・04 Limited Sazabys

・BLUE ENCOUNT

・モーニング娘。'18

・ヤバイTシャツ屋さん

 

PARK STAGEまたはLAKE STAGE(計15組)

・ACIDMAN

・岡崎体育

・ORANGE RANGE

・GLIM SPANKY

・SILENT SIREN

・JUN SKY WALKER(S)(PARKトリ)

・ストレイテナー (LAKEトリ)

・SOIL&"PIMP"SESSIONS

・Nothing's Carved In Stone

・パスピエ

・THE BACK HORN

・BRADIO

・HEY-SMITH

・ROTTENGRAFFTY 

・忘れらんねえよ

 

  

感想: 今年の予想は特に難しい!!

いかがだったでしょうか。客観・実績が8割、主観・ひいき目が2割ぐらいのバランスで予想してみました(笑)

 

 

ハッキリ言って、今年はめちゃくちゃ難しいです(笑)

 

先述したように、昨年GRASS STAGEに出演したアーティストの半数以上が今年は出演しません。

その昨年の穴を、大物アーティストだけでなく、若手バンドの昇格で埋めるのではないかというのが注目ポイント。

 

昨年末のCOUNTDOWN JAPANでも多くの若手バンドがメインステージに抜擢されましたが、その流れが夏にも引き継がれるのではないかと。

ここにチャンスを与えるのが今年のロッキンの狙いかもしれません。

 

なので、予想の時点でかなり新鮮な並びになりました。自信を持ってこれしかないって言えるのは2日目ぐらいですかね...

特に読めないのが最終日のGRASS STAGE。ここはどう転がってもおかしくない気がしています。

 

(6/19追記)

→と思いましたが、まさかの追加発表でサザンオールスターズの出演が決まりましたね!昨年の桑田さんと同じくサプライズ発表。これで今年のヘッドライナーは決まったも同然です。

 

 

皆さんも是非予想してみて下さい。ここはこうじゃないか等意見がありましたら教えて欲しいです

 

細かい解説というか、このような予想にしたこだわりは改めてnoteに書こうかと思っています。

 

 

 

フェスの詳細はロッキンの公式HPから、チケットの先行受付は6/11までです!

 

 

 

昨年のロッキン及び夏フェスに関する記事はこちらにまとめてあります。

フェス-夏フェス-ROCK IN JAPAN 2017 カテゴリーの記事一覧 - SUGAROCK-FESTIVAL

フェス-夏フェス カテゴリーの記事一覧 - SUGAROCK-FESTIVAL