SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

2018年活躍が期待されるオススメ邦楽ロックバンド20組

f:id:ysugarrrrrrr:20180124201807j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

1月も後半に差し掛かっていますが、昨年に続いて今年も書きました。

「ブレイク必至!2018年注目のロックバンド」的なやつです!

 

もう最近ではテレビでもこの手のお題で沢山特集組まれてますよね。バズリズム然り関ジャム然り。

 

なので今年は改めて自分が書く必要もないんじゃないかと思ったんですけど、まぁやりたくなるわな(笑)

 

もちろん他の特集と被ってるのは言うまでもありませんが、僕なりに今年注目のバンドをピックアップしてみました!

 

 

今後随時増やしていくかはわかりませんが、ひとまず15組。是非チェックしてみてください!

(2/12追記)

新たに5バンド追加しました!計20組です。

 

2018年注目のオススメ邦楽ロックバンド20組

sumika

youtu.be

いやもう売れてますやん。この2年ぐらいで一気に売れっ子になった。

年明けてさらっと武道館2デイズ発表しちゃったりするしね。

 

ここ最近追っかけてきたバンドが続々とZeppや武道館にたどり着いた中で、"その先"を1番期待出来そうなのがこのsumikaだと思います。

 

聴いたらわかるし知ってる人なら尚更だと思うけど、ロックバンドって枠を取っ払っても絶対通用するじゃないですか。それが他の若手人気バンドとの1番の違いであり強みであり伸びしろ。

 

前例を挙げるならback numberとかスピッツとか。その域まで大大大ブレイクして欲しい。

 

 

 

Familia

Familia

  • sumika
  • J-Pop
  • ¥2000

 

BiSH

youtu.be

アイドルの枠を取っ払ってブレイクした"楽器を持たないパンクバンド"

僕みたいにロックバンドばっかり聴いてる人もいわゆるライブキッズのみんなも1度は絶対聴いてると思います。

 

首都圏ではアリーナクラスでワンマン出来るからもうブレイクしてるのは間違いないんだけど、潜在的なリスナーがまだまだ沢山いる気がしてなりません。

 

「曲はめっちゃカッコ良いけど、やっぱりアイドルなんでしょ?」っていう人が絶対いるから、そういう人を現場に連れ込むことが出来たらもっと化けると思う。

 

だから有名どころの大型ロックフェスにもっと出て欲しいですね。

僕はずっとその機会を待ってたんですけど、ついに我慢の限界で横アリワンマンの参加を決めました。

 

そしたら4月に愛して止まない04 Limited SazabysのYON FESに出るって。めっちゃ楽しみです。

 

 

BiSHをApple Musicで聴く

 

 

フレンズ

youtu.be

このフレンズもバンドの枠から抜け出してブレイクする可能性を秘めていると思います。

 

バンドという括りでもそうでなくても既にキャラが立ってるし、フレンズのライブは他のロックバンドのライブとは単純比較が出来ない、唯一無二のエンターテイメントショーに仕上がっているんですよね。

 

メンバーも「東京ドームでやりたい」って言ってるし、広義のJ-POPという土壌で活躍を期待しています。 

 

フレンズをApple Musicで聴く

 

 

Dizzy Sunfist

youtu.be

去年も取り上げました。女性2人がフロントのメロディックバンド。

ご存知の方も多いと思いますが、めっちゃパワフルですよね。

 

別にこれといって差別化出来るポイントとかクセとかも無いし、ど真ん中に160km投げて空振り取れるのがこのジャンルで突き抜けられる最大の武器なのかなと思います。

 

去年はあのHi-STANDARDと対バンして、リリースされたばかりのアルバムも名盤の匂いが漂います。

 

SiMのMAHさんが「パンクヒロイン」と称していたのも頷ける。

 

座右の銘でもある"夢は死なへん"をまだまだ体現してくれるでしょう。 

 

Dizzy SunfistをApple Musicで聴く

 

 

ENTH

youtu.be

続いてはパンクヒーローに1番近い名古屋のENTH。

 

見てくれもライブの雰囲気もすごいヤンチャだけど、一瞬でグッと胸を掴まれる、本気で真剣なメロディックパンク。

 

曲に関しても直球も変化球もレベルがとても高いです。

 

音だけでも胸のザワつきが抑えられず、そして更に言葉が突き刺さる。

答えは皆さんの耳と感性に全面的に委ねます。とにかくカッコ良い。

 

同じく名古屋で生まれ僕のまさにヒーローとなっている04 Limited Sazabysとの師弟関係にも注目。4月のYON FESにも2年ぶりに帰ってきます。

 

 

Ivy to Fraudulent Game

youtu.be

"Ivy to Fraudulent Game"です。もう何も見ないで打てるようになりました。

 

去年の春先に知ったバンドです。cinema staffに似てるなーというのが最初のイメージ。

 

正直な話、こういうバンドがブレイクしつつあってメジャーデビューするっていうのがとても意外というか。この記事で紹介してる他のバンドもそうなんですけど。

 

極端なこと言うと4つ打ちスチャスチャでワチャワチャしてた2010年代前半とは違うなーなんて思います(笑)

 

このバンドはとてもスタイリッシュに見えますね。カリスマ性を感じるオーラがある。

 

あんまり泥臭い感じはしないけど、ロックバンドらしい尖った言葉は随所に感じられる。奥が深いバンドだと思います。

 

Ivy to Fraudulent GameをApple Musicで聴く

 

リーガルリリー (New!)

youtu.be

若干20歳の2ピースガールズバンド。

 

ライブハウスのアングラ感が溢れるガレージロックに、ほんわかした見た目とは裏腹に諸刃の剣のような詞で心の真ん中を突き刺してきます。マジで確信犯。

 

中でも代表曲「リッケンバッカー」は音楽で滅多に泣かない僕を泣かせた屈指の名ロックンロール。

音楽に生かされていることを再実感させられたバンドです。

 

[CDレビュー] リーガルリリー 「the Radio」 - SUGAROCK-FESTIVAL

 

teto

youtu.be

去年の夏ぐらいからみんな口を揃えてこのバンドがキテるって言っている。

下北のUKプロジェクトに所属しているtetoです。

 

[Alexandros]やBIGMAMAは別格として、UKのバンドはオシャレテイストなイメージがあって、自分的には主流から少し逸れてたりします。

 

このtetoも最初はそんなイメージを抱いていたのですが、聴いていくうちに感情衝動爆発系な一面がどんどん前に出てきて、「これは売れる」って言う大多数の一員になってました(笑)

 

昨年のCDJを皮切りに今年はYON FES、VIVA LA ROCKと大型フェスにも引っ張られる存在に早くもなっています。

 

実際のライブは汗が飛び散る爆走ロックンロールみたいですね。フェスやイベントでのニアミスが続いたんで早く観たいバンドです。 

 

tetoをApple Musicで聴く

 

Hump Back

youtu.be

2016年の冬に全国デビューした大阪の3ピースガールズバンド。THE NINTH APOLLO発のWELL BUCKET RECORDSのHump Backです。

 

出処だったり年代だったりでyonigeとの関連性も高くてデビューしてから人気知名度ともにぐんぐん上がってます。

 

今年に入って更にブレイクするきっかけになる出来事として、チャットモンチーのトリビュートアルバムへの参加が決まりましたね。

Hump Backにはこのガールズバンドの代表的存在のバトンを引き継いでもらいたいです。

 

まぁそんなニュースにあやからずとも、先日初ワンマンにも関わらず梅田クアトロをソールドアウトさせた地力も持ち合わせてますし、普通にどんどんステップアップして行きそうです。

 

FOMARE

youtu.be

THE NINTH APOLLO関連のsmall indies tableから昨年夏にデビューした群馬の3ピースバンド。

 

「シンプルな3ピースのバンドサウンドに赤裸々な恋愛ソング」

 

というと思い浮かべるバンドが他にもあるかもわかりませんが(笑)、そうしたインフルエンサー的存在もあって昨年の秋〜年末にかけて一気に人気に火がついたイメージ。

 

もちろんそんな先入観はナシでFOMAREを聴いて欲しい。今の瞬間にしか掴み取れない若さと生々しさをストレートに鳴らすカッコ良いロックバンドです。

 

 

 

 

緑黄色社会

youtu.be

バズリズムでも上位にランクインしてましたね。リョクシャカこと緑黄色社会。

昨年の1月にリリースしたミニアルバムが新宿のタワレコで大々的に展開されてたのが最初のきっかけだったような。

 

バンド名の通り、とても栄養価が高そうな(笑)、とてもカラフルでポップなサウンドが魅力的ですね。

 

こういう音楽で男女のバンドだとリア充バンドだなんて揶揄されることがあったりなかったりしますけど、緑黄色社会はすごいナチュラルですよね。僕もとても共感を持ちました。

 

最初の方に挙げたsumikaやフレンズのようにバンドの枠組みから突き抜ける活躍も期待出来ます。 

 

LUCCI

youtu.be

名古屋のインディーズレーベルTRUST RECORDSに所属するLUCCI。

名古屋バンドとして第1回のYON FESにも出演してましたね。

 

日本語の歌モノバンド、ミドルテンポの曲のイメージが強くてあまり馴染みがありませんでしたが、年明けにリリースした新作からは従来のイメージに加えてロック色が濃く出ているように感じました。

 

この記事の最初に取り上げたsumikaを初めて聴いた時の感覚にすごく似ていましたね。

ということはそのクラスまでブレイクする可能性が十分高いと思います。

 

ポップな印象が先行していますが現場主義のライブバンド。早くライブハウスで観たいです。

 

 

DATS

youtu.be

今回の20組の中では数少ない、いわゆるシティポップ系なテイストのオシャレバンドとして取り上げました。

 

普段ストレートでエモいロックばっかり聴いてるとたまに聴きたくなりますね。

いつもは言葉の力に心を震わされているので、こういう音楽が1番無心になって音に入り込むことが出来ます。

 

その中でもDATSはSuchmosやNulbarichといったバンドよりもフィジカルなノリの良さがあるように思います。ライブでもビジュアル的に盛り上がる画がなんとなく浮かぶ。

 

ということでライブで観たいんですが、またしてもYON FESがその場を用意してくれました。最高です。一杯飲んでから観る絶対。

 

DATSをApple Musicで聴く

 

 

 

FIVE NEW OLD (New!)

youtu.be

続いてもオシャレ系バンドFIVE NEW OLD

ニュアンスでしか曲を語れないけどとにかくハイセンス。上手く説明出来んけどまぁカッコ良いからとにかく一聴して頂ければ言わんことがわかると思います。

 

今回紹介したバンドの中では飛び抜けて日本離れしてる。流行りの洋楽と何ら変わらなく無いんだか。しかもコレを3ピースでやってるらしい。 

 

週末の朝とかにかけておけばQOL上がること間違いないです。最後まで語彙力が追いつきませんでした()

 

 

FIVE NEW OLDをApple Musicで聴く

 

 

Track's

youtu.be

昨年THE NINTH APOLLOからデビューした静岡発の3ピースメロコアバンド。

 

メンバーはまだ高校卒業したばかり。でこのエモさはもう生まれ持った才能というか、ライブバンドとして生きていく運命としか思えない。

 

ライブはまだ観たことがありませんが、動画を貼った「Magic」という曲は2017年のベストソングの中にも選ばせて頂きました。

 

本当の本当のネクストブレイクという意味ではこのTrack'sを推したいと思います。

 

2月にも新作がリリースされます。今からとてもワクワクしています。

 

グッバイフジヤマ (New!)

youtu.be

2014年にロッキンオン主催のオーディションイベントに入賞したグッバイフジヤマ。

 

彼らがスローガンに掲げているのが"I WANNA KILL YOUR DOREDOM MUSIC!!!=退屈を吹っ飛ばす音楽"

 

 

こう書くとすごい攻撃的だけど実際はすごいユルいです。ユルいけどモヤモヤが晴れるしユルいけど音とかコーラスが絶妙にロックなんですよね。

スピッツの「チェリー」のカバーも今風でとても良かったです。

 

あと、MVが良い意味でだいぶ卑怯(笑) ゆるめるモも応援するね。 

 

グッバイフジヤマをApple Musicで聴く

 

 

reGretGirl

youtu.be

最近SNS見ていてやたら目に入ったバンド。そして「やっぱり今の時代はこれが売れるんだろうな」と思わされました。

 

昨年末にリリースされたデビュー作、リアルな恋愛事情を曝け出す曲"しかなかった"です。

あまりの重さに思わず笑ってしまいました。

 

まぁ僕はそんな人生経験豊富ではないので()、純粋に感情的で良いなぁと思うんですけど、このバンドに救いを求めたり絶望の淵で病んだりする方が続出するんじゃないかと思います。

 

reGretGirlをApple Musicで聴く

 

climbgrow

youtu.be

滋賀の4人組ロックバンドclimbgrow。

きっかけは上のMV。「純粋にめっちゃ良いバンド名でめっちゃ良い曲名だから良いバンドに決まってる」と思って聴いたらめっちゃ良かったです。

 

ライブバンドらしい泥臭さも感じるし、スタイリッシュなビジュアルの良さも感じるし、キラキラとギラギラが共存している。

 

ボーカルのしゃがれ声もクセが強すぎず、古き良きロックンロールも今の時代の王道ロックも感じられるバンドです。

 

 

Split end (New!)

youtu.be

奈良発の4ピースガールズバンドSplit end。

2016年にMASH A&Rのオーディションのファイナルリストに選ばれた実績を持ち今年の2月に全国デビューを果たしました。

 

MASHの先輩かつ地元の先輩でもあるオーラル拓也さんも絶賛してるみたいです。

 

yonigeといいHump Backといい関西のガールズバンドはみんな力強いですよね。

その中でもひときわ骨太でエモーショナルなロックサウンドを掻き鳴らしてます。このまま行けばどう考えたってブレイクするでしょうよ。

 

 

 

 

Maki (New!)

youtu.be

ラストは名古屋の3ピースバンドMaki。

今年名門TRUST RECORDSから全国デビューを果たした期待のニューカマーです。

 

YouTubeのコメント欄見るとやっぱり流行りなのかなーとか一瞬思いますけど、シンプルストレートでめちゃくちゃカッコ良いです。

今しか鳴らせない初期衝動を爆発させているのがロックバンドのあるべき姿ですから。

 

こういうバンドはこぞってハマります。ここからどう姿を変えていくのか変えていかないのかとても楽しみです。 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

皆さんが知ってそうなバンドとそうじゃないバンド、

他でも取り上げられていそうなバンドとそうじゃないバンド、

 

そのバランスも考えつつ、僕がカッコ良いと思ったこれからが期待出来るバンドを選んでみました!

 

ご意見感想など是非ともお待ちしております。

あと「このバンドも売れると思う!」っていうバンドがあったらそちらも是非教えて下さい!

 

もっと良いバンドは沢山いると思うので、また後日追加して更新するかもなのでその際はまたチェックしてみてください!