SUGAROCK-FESTIVAL

邦楽ロックをとことん楽しむためのきっかけに。フェスのようなブログを目指してます!

【1/18~19東京編】04 Limited Sazabys "Squall tour" 感想

f:id:ysugarrrrrrr:20180126144855j:plain

どうも、邦ロックブロガーのSugar(@Sugarrrrrrrock)です。

このブログを書いているのが2018年1月26日。そして公開された時には04 Limited SazabysのSquall tourのツアーファイナルがZepp Nagoyaで行われています。

 

チケットが外れ続けてその場に居合わせることは叶いませんでしたが、その1週間前にZepp Tokyo2デイズで個人的ツアーファイナルを迎えてきました。

 

その前にも松本、仙台、札幌、大阪と初めてロックバンドの全国ツアーで複数の都市に足を運んだ今ツアー。最後の感想を以下に書きました。

 

 

感想

1/18 Zepp Tokyo

f:id:ysugarrrrrrr:20180126150534j:plain

セットリスト

M1. Squall

M2. climb

M3. Warp

 

M4. Remember

M5. capture

M6. fiction

M7. cubic

 

M8. happiness

M9. Any

M10. medley

M11. compact karma

M12. labyrinth

 

M13. Night on

M14. mahoroba

M15. 未来の破片

M16. Lost my way

 

M17. Letter

M18. Wednesday

M19. soup

 

M20. Buster call

M21. swim

〜アンコール〜

EN1. midnight cruising

EN2. monolith

 

ライブ当日の感想にも書いたんですけど、この日はとにかくセットリストが今ツアー参加した中でも最高でした。

 

参加した6公演の中で唯一の「Buster call」も披露されて、このツアー通してライブで観たい曲は一通り観ることが出来ました。

アルバムではなくてシングルのレコ発ツアーだったからこそ叶った事だと思います。

 

 

更には披露すると思ってもいなかったASIAN KUNG-FU GENERATIONトリビュート盤の「未来の破片」も披露してくれて、もう100点満点が120点になりましたね。

 

そしてこの曲のアウトロから流れるように「Lost my way」のイントロにつながった時にはもう全身鳥肌立って「マジかよーーー!!!」って叫んでた。

 

そんで一瞬楽器の音が止まるところでGENさんの肉声の叫びが聞こえてそれに感動して泣きながらモッシュピットに飛び込んでました。

今回参加した6公演の中で最高の瞬間でしたね。

 

youtu.be

 

「Lost my way」はこの半年ぐらいでより一層好きな曲になりました。

 

まるで別人みたいだ。「自分は誰?」と自分に問う。自分自身を見失った苦悩の時期から4年。

今度は「自分自身に生まれ変われ」と背中を押すような、自分で自分を鼓舞するような前向きなメッセージが生まれたんですね。

 

 

この時の瞬間のインパクトが強すぎて細かいMCとか全然覚えていないんですけど、1つ印象に残っているのが東京の街についてのイメージを話していたMC。

 

フォーリミは名古屋から上京してもう1年半。

上京するって発表した時のGENさんのブログにも書いてありましたが、「東京は汚い街」っていうイメージを持っていたみたいでした。

いろんな欲にまみれているからかな。確かにその点は他の街に比べて群を抜いてると思う。

 

でもこの日GENさんは「東京は色んな人が夢や目標を持っている人が集まる場所だから、そういう人達に囲まれているおかげで俺たちも成長出来る」

と、「欲深い街」東京の良い部分を言い当ててくれたんですよね。

 

だとしたらこの街で生き抜くためには、誰かに流されたり同調させられたり、沢山のモノにさらされてもブレることのない個人の欲望が必要。

 

もっと欲深く、いつまでも自分に対して渇いていれる人でいたいなと思いました。ロックヒーローはいつもそうやって進んで来たから。

 

1/19 Zepp Tokyo

f:id:ysugarrrrrrr:20180126150620j:plain

各公演で行われた"スコール早飲み選手権"でヒロカズさんが身につけてた「めざましくん」

 

セットリスト

M1. Feel

M2. knife

M3. escape

 

M4. Warp

M5. swim

M6. medley

M7. Chicken race

 

M8. days

M9. Now here, No where

M10. happiness

M11. me?

M12. Do it Do it

 

M13. monolith

M14. capture

M15. fiction

M16. discord

 

M17. Letter

M18. fog

M19. milk

M20. hello

 

M21. Horizon

M22. Squall

〜アンコール〜

EN1. Terminal

EN2. Give me

EN3. Remember

 

2日目もライブ当日参戦直後の感想の方にも思ったこと沢山書きました。

 

1日目に120%の満足感を得て、でも本当は人の満足度なんて天井知らずだし、前日以上に燃えるために色々頭で考えたり、自分なりに感性を研ぎ澄ませてみたりしました。

 

でもそれってこれまでのライブで受け取ったメッセージと違うんじゃないかなと思ったり、

一方でそれは別に悪いことじゃないし自分の意志には背いてないから良いんじゃないかと思ったり。

 

「何者でもない」ってところまで頭空っぽにはなれないのが1番自然体な自分自身なんだろうと思いました。

 

このツアーで教わったのは、本当の意味での理想や完璧はいつまで経っても訪れやしないということ。

「Squall」で歌われた「自分自身」にも終わりはない。

 

訪れたらそこで止まってしまうもの。

その方が自分にも正直になれるし周りにも優しくなれる。

 

 

不平不満から逃げ込んだライブハウスでも不平不満はきっとあった方が良いのだろう。

やっぱり東京は欲深い街だからなのか、悪目立ちして文句言いたくなるような場面も多かった。

 

それに対して「何もわかっとらん」と一蹴した後で、

「これから一緒にカッコ良くなる仲間だから」と分け隔てなく手を差し伸べていた。

 

終わりはいつまで経っても見えないけど、ついて行けば絶対に今よりカッコ良くなれる。

僕らとロックバンドの関係性はこうあるべきだと思いました。

 

中でも04 Limited Sazabysは1番身近にいるトップランナーです。

これからも一緒について行くし一緒にこれからの未来を戦っていきます。

 

その他のツアー感想もこちらから是非見ていって下さい!